趣味の総合サイト ホビダス
 

2013年9月アーカイブ

『バスグラフィック』Vol.19 9月30日(月)発売

| Category:

ついちょっと前までの連日の猛暑が嘘のようにめっきり涼しくなって秋の到来を感じます。皆様いかがお過ごしでしょうか。「収穫の秋」ともいうべき、ここのところ各社から充実した内容のバスの雑誌・書籍が相次いで発売されていますが、『バスグラフィック』も新刊のVol.19が、9月30日(月)に発売されます。

130924-002.jpg

特集は、路線も車両も魅力一杯! の江ノ電バス。江ノ電バスは湘南、鎌倉、横浜エリアで路線網を展開する事業者です。ここ10年近く、江ノ電バスを特集記事に取り上げた専門誌はなかったかと思いますが、今回、江ノ電バス全面協力の下実現しました。お楽しみいだだければ幸いです。

130924-003.jpg

【特集記事】
■江ノ電バスのいま 全営業所紹介
■江ノ電バスで湘南・鎌倉 小旅行(七里ヶ浜、江ノ島、東浜、鎌倉......海水浴も!?)
■江ノ電バス路線10選(鎌倉、横浜、藤沢、大船、上大岡発着の10路線)
■江ノ電バス車両10選(大型9m車、長尺車、メーカーサンプルカーも......)
■江ノ電バス乗務員の1日(知っているようで知らないバスを運転する仕事に密着)
■江ノ電バス全車両リスト(252台、車体番号、車台番号、エンジン型式まで記載)
■江ノ電バス昭和50年代のアルバム(あの頃キミもバスも若かった―)

130924-001.jpg

※巻末付録 約51×73cm 大判両面カラー印刷の江ノ電バス全エリア路線図ポスター!

【おもな一般記事】
■「希少型式」のススメ
製造台数20台までを一つの目安とし、誌面制作時点で稼働中のレア車......「希少型式」をテーマにした第2特集的記事。相鉄バスいすゞKL-LV380L1、京成バスいすゞエルガKL-LV380L1、いすゞエルガJ PK-HR7JPAC、いすゞKL-LV380L1、立川バスいすゞエルガJ PK-HR7JPAC、いすゞエルガKL-LV380L1、千葉交通 日野ブルーリボンシティKL-HT2PMEAを掲載。

■京王100周年復刻記念塗装車4種4面カラーリングガイド
「京王のバス・電車100周年」を記念して2013年1月から3月にかけて11台が登場した4種(路線車旧々塗装、路線車旧塗装、初代ワンロマ塗装、2代目ワンロマ塗装)の復刻塗装車。読者の皆様から多数のリクエストをいただいたことから、4種全ての前面、後面、両側面の4面を紹介しています。

■東京最後(!?)のミニバスRNが関東バスに...
全国的に見ればまだまだ活躍は見られるものの、当初は大多数が東京都内で活躍し、エポックメイキングな車両として取り上げられることの多かった日産ディーゼルの7m路線車、KC-RN210CSN。都内では最後の1台となる車両が、関東バス丸山営業所に所属しており、同車をグラフィカルにクローズアップいたします。

■都バスNOW
ページ数は6ページですが、ポイントを押さえていて分かりやすいと圧倒的な支持をいただいている本コーナー。今回は2013年の春から夏にかけてのトピックス(2020年東京五輪開催決定の記念表示が行われたことも早速紹介)、2013年夏に見られた古参車活躍のグラフ、連載の「ツボを押さえた都営バス車両カタログ」(M代=2004年度導入、L代=2003年度導入)といった内容です。

■九州青春バス紀行 第4回 九州産業交通 [前編]
1980年代に九州で撮影されたバスアルバムの中から記憶の片隅に追いやられた数々の名車を紐解いていく本コーナーは、熊本県を中心に路線網を展開する九州産業交通(現・九州産交バス)をテーマに紹介しますが、前編と後編に分かれます。前編の今回は路線車で、九州産業交通名物だった2灯ヘッドライト化改造車や、かなり早かったモノコック車の中4枚折戸車などを掲載しています(次号の後編は、貸切などから路線車へ転用された車両を中心に掲載予定です)。

■日本バスめぐり「頸城(くびき)自動車」
新潟県上越市を中心に路線網を展開する頸城自動車は、2013年の今年、創立100周年を迎えました。各氏の貴重なアルバムの中から懐かしい車両を紹介する本コーナーでは、1990年前後に撮影された同社の車両を紹介します。お馴染みの北村製作所製ボディの車両も出ています。

■「京2い」...2ナンバーの世界
1970年代に撮影された写真から、「京2い」の登録を持つ車両を紐解く解説記事。「京2い」は1960年代に登録を受けた車両で、割当一覧表も掲載。関西のバス事情に興味のある方、熱心に車両研究をされている方は必見の記事です。

■運転席から見たバス事情「バスから目線」!
本誌Vol.18からスタートし大きな反響があった連載記事の2回目。現役バスドライバー大橋健一さんの視点からバスを語ってもらいます。人の生命を預かるプロとして運転席に座っているからこそ見えてくるもの、語れるものがあり、ご覧いただければ新たに気付かされることが数多くあります。

■はたらくクルマ情報室
「はたらくクルマ情報室」。今回は2013年7月5日に行われた「日野自動車 安全技術説明会」の様子をレポートします。おもに大型トラックや小型トラックでの事例を掲載。まだまだ知られていない安全に対する技術を紹介しています。

<ほか>

130924-004.jpg


(※画像は記事のイメージで、実際の商品は一部異なる部分がございます。)

ネコ・パブリッシング公式ホームページ

インターネットでの『バスグラフィック』Vol.19のご購入はコチラ!

------------------------------------------------------------------------

【お詫びと訂正】
『バスグラフィック』Vol.19と前号の『バスグラフィック』Vol.18の裏表紙見返しの「読者プレゼントのお知らせ」および「募集告知」において、弊社所在地表記の一部に誤りがございました。謹んでお詫びを申し上げます。私書箱の郵便番号を持っていることから、掲載の所在地宛でお送りいただいても届いておりますが、正しくは下記のとおりとなります。

(誤)下目黒4-21-13

(正)下目黒2-23-18

------------------------------------------------------------------------

『パトカー大図鑑』
9月3日(火)より 全国のコンビニエンスストアにて好評発売中!

PATOCAR_DAIZUKAN.jpg

本ブログでのご紹介が大変遅くなってしまいましたが、バスグラフィック編集部が送るパトカー・警察車両231台を掲載した持ち運びに便利なポケットサイズのムックが好評発売中です。これは2012年3月29日発売の『パトカー大全』で掲載した真田創一郎氏撮影の貴重なアルバムの中から厳選した写真と新たに加えた写真を掲載。本そのものはA5判と小さいですが、1枚あたりの写真の大きさは軒並み大きくなって、各車のディテールなどが分かりやすくなっています。また、新規取材記事として2013年5月15日に行われた警視庁機動隊観閲式でお披露目された車両も紹介。3月に配備されたばかりの放射線防護車やトヨタSAIの覆面パトカーなどの写真も掲載しています。お求めはお近くのコンビニ(ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクスなど)か、「ホビダスマーケット」にて。

------------------------------------------------------------------------

taxi.jpg

『はたらくクルマ タクシー・建機編』 好評発売中!

「業界初!?」とも一部で言われるタクシーを大きなテーマとした内容。2012年夏現在の東京タクシー70台の一挙掲載をはじめ、東京無線の「グランプリカラー」号や間もなく消えようとしている中央無線カラーの車両などを詳しく紹介。430、330、クラウンS80~110系、バイオレット、T140系コロナ、カスタムキャブなど80年代懐かしのタクシー・アルバムや貴重な90年代後半都内のタクシーアルバム、群馬の日本中央タクシー訪問も。タクシー以外の話題は、巻頭のコベルコ建機五日市工場訪問、東急ハンズ広島店×共和工業の建機ミニチュアコーナー開設の話題。トヨタ・ハイラックス郵便車のディテール紹介、HonndaスーパーカブMDシリーズ(郵便バイク)変遷コラムなど。
本ブログでの紹介記事はコチラ!

tokusotaizenjpg.jpg

『特装大全』 好評発売中!

商用車・公用車・緊急車、いわゆる「はたらく自動車」をテーマにした新タイトルのムックで、消防車を第1特集に据え、消防車の魅力、消防署や消防隊員の献身的な消防活動を紹介しています。第2特集は『はたらくクルマ タクシー・建機編』でご好評をいただき、「続編を制作してほしい」と読者の皆様を中心に、各方面からリクエストをいただいたタクシーがテーマ。豊前消防署のボンネット消防車やバブル時代の東京のタクシー記事は旧いクルマがお好きな方にも楽しんでいただける内容です。
本ブログでの紹介記事はコチラ!

busgraphic18-250x320.jpg

『バスグラフィック』Vol.18 好評発売中!

特集記事は「開業85周年 横浜市営バスでキマり」と題し、2013年に横浜市交通局(横浜市営バス)がバスの運行を開始して85周年を迎えたことを機に、同局の路線、車両をさまざまな角度から紹介しています。注目の一般記事は、成田空港のランプバスの新顔3種一挙紹介、名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」に新車登場、小田急バス登戸営業所新開設、ファンの視点から見た東急バス・京急バスの年間の動きなどです。
本ブログでの紹介記事はコチラ!

------------------------------------------------------------------------

buscollection.jpg

『バスコレ完全マニュアル』好評発売中!』

本誌の姉妹誌『バスコレ完全マニュアル』はトミーテックのバス模型商品「ザ・バスコレクション(バスコレ)」が発売10周年になることを機に、これまで発売されたバスコレの全ラインナップ紹介、バスコレの楽しみ方などを紹介しているムックです。バスコレの楽しみ方の記事においては、本誌Vol.18に登場している吹田早哉佳さんがスペシャルナビゲーターとして活躍しています。
RM MODELS編集部のブログでの紹介記事はコチラ!

------------------------------------------------------------------------

※ネコ・パブリッシング公式ホームページの既刊紹介ページ内に各オンラインショップのバナー・リンクがございますので、お好みのオンラインショップにてお買い求め下さい。

  • 1

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.