趣味の総合サイト ホビダス
 

2015年7月アーカイブ

『バスグラフィック』Vol.24 好評発売中!

| Category:

basugura.jpg

前回の新刊紹介からまたも更新が久しぶりとなってしまいましたが、7月3日(金)に新刊『バスグラフィック』Vol.24が発売されました。特集は「バス王国 沖縄」。いまだから知っておきたい沖縄路線バス事情を、車両と路線の両面から紹介いたします。

1000N.jpg


今回の特集では、まず沖縄本島の大手4社(沖縄バス、東陽バス、那覇バス、琉球バス交通)の路線バスをテーマにして、大々的に車両紹介を行っております。紹介の仕方の目安として、まず車種・型式ごとに分けたうえで、扉の位置や側窓のスタイルなどによって分類し、4社の路線バス全バリエーションを目指しています。その結果、現在活躍している路線バスのほぼ全てのバリエーション、232種類をオールカラーで掲載しております。以前からの本誌愛読者の方でしたら気になる方も多いと思われる移籍車についても、それぞれプロフィールを紹介しています。

1002.jpg

つぎに路線については、各事業者の方々に聞いた、いわゆる口コミ的なものを中心に、沖縄らしさを感じるオススメ路線を厳選して紹介。各社の車両紹介の前に、大判写真を用いて沖縄のバス路線の魅力をお伝えしています。また、各社車両紹介の後にはコラムや記事を掲載し、沖縄のバスの現状とこれからを見つめています。なお今回、制作携わったスタッフのほとんどが初めての沖縄訪問だったことから、バス乗車や撮影を目的にこれから初めて沖縄を訪れる際のポイントを紹介し、那覇市とその周辺域の路線図なども最初に掲載しています。

特集ナビゲーターとして、沖縄の朝の情報番組やバラエティ番組などを中心に活躍している長嶺花菜さんを起用。誌面では沖縄バスの「730(ナナサンマル)車」の路線バスの旅に出演。表紙も今回の巻のイメージを伝えてもらうべく登場いただいてます。

1003N.jpg

【一般記事】
■沖縄本島大手4社の路線バスリスト
特集関連記事として、沖縄本島大手4社の路線バスリストを掲載。これまでの本誌などにありがちな、単に車種・型式、年式、車両番号などを並べた表ではなく、まず車種・型式で分類したうえ、さらに扉や窓の形状などのボディのスタイルで分類したリストで、これから沖縄のバスの撮影を考えている方に活用いただけるようになっています。

■リムジンバス C2で羽田へ
東京空港交通のリムジンバスで、今春全線開通した首都高速中央環状線(C2)を経由し、新宿エリアと羽田空港を結ぶ路線に、バスグライメージガール(?)の布施貴美子さんが乗車。体験レポートをしています。また、今春開設された羽田空港運行事業所も紹介しています。

■北海道で生きていた! モノコック
本誌でも活躍していただいているプロカメラマンの伊藤岳志氏が偶然、函館の街で発見したのは1979年式のいすゞBU10KPのモノコック車でした。北海道大野農業高校のスクールバスとして、2015年も現役で活躍している貴重な車両を、同校の協力を得て初めて紹介しています。

■西武バスにフルカラーLED登場
西武バスの路線車に、東京都内の事業者としては初めてのフルカラーLEDによる電光式行先表示機装備車が登場。2015年6月30日現在のフルカラーLED装備車の車種や社番を紹介しているほか、上石神井営業所の車両を例に、さまざまな表示パターンを紹介しています。

■キャブオーバーの世界
おもに1960年代に製造されたキャブオーバーエンジンのバス。テレビ中継車やレントゲン車、公害測定車などの特装車は、後年もしばらく活躍が見られましたが、ここでは奄美交通、林田産業交通、羽後交通で路線バスとして活躍している1970年代の貴重なシーンを紹介。

■都バスNOW
都営バスファンの視点から見た、最新情報、耳より情報をお伝えする、大好評の連載「都バスNOW」。今回は誌面都合により2頁の短縮版ですが、「大塚支所の閉所」「春の路線改編と車両移動」と、2015年春の都営バスの動きをしっかりとお伝えしています。

ほか 
※このほかにも連載記事あり/総頁数は108頁
※「モノクロームのバスカタログ」「九州青春バス紀行」「はたらくクルマ 情報室」などの連載は今号では休載させていただきました。

【A1サイズ巻末折込付録】
<おもて面>沖縄のバス路線図 中南部版
<うら面>沖縄のバス路線図 北部版

ネコ・パブリッシング公式ホームページ

------------------------------------------------------------------------

faceyatteru.jpg
※編集部facebookはじめています。新人女子担当者をはじめ、各担当が適宜UPしていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------

BUS23BN1.jpg

『バスグラフィック』Vol.23 好評発売中!

特集は「全国モノコックバス名鑑」。完売したVol.5の特集の再来のように、1980年代に撮影されたモノコックボディの路線バス179台を掲載。今回はおもに関東と中部、西日本、四国を中心とした各地の事業者のものを掲載しています。このほか、ひと足早く春を探しに房総エリアの路線バス旅を楽しむ記事、バス停名から防災を考える記事、都営バス大塚車庫の思い出のアルバムなど、盛りだくさんの内容となっています。

本ブログでの紹介記事はコチラ!



BUS22BN1.jpg

『バスグラフィック』Vol.22 好評発売中!

特集は「バスを作る!」。2014年6月に登場した三菱ふそう新型エアロスター大型路線バスを様々な角度から紹介。三菱ふそうバス製造「バス技術部」の仕事をクローズアップ! これまでなかなか紹介されることのなかった生産設計と呼ばれる「お客様仕様」のバスを作る仕事に注目します。また、新旧エアロスターの比較記事、車検場での新規検査の紹介記事、2014年9月末日現在までに登録された写真による新型エアロスターの紹介とリストも掲載。一般記事は、2015年6月末日で終了した東急バスの次世代ハイブリッドバス実証運行の試験車紹介記事、東京空港交通創立60周年記念記事など。



TOEIBUSBN.jpg

『丸々一冊 都営バスの本』好評発売中!

2014年、都営バスが運行を開始して90周年を記念となることを記念して、『バスグラフィック』のスピンオフ版の別冊として発売されたムックです。その名のとおり、丸々一冊都営バスの車両、路線の魅力をあますことなく伝えています。巻頭では、都営バス運行開始90周年の復刻カラーラッピングの「美濃部カラー車」を貸切り、都内を周遊。路線廃止などで現在は都営バスが見られない地点などにも走らせて定点観測をしています。そのほか、イラストで巡る都営バス営業所・支所紹介記事や「ファンが選んだ 記憶に残したい俺たちの都営バス90台」などの記事も。


本ブログでの紹介記事はコチラ!



taxi.jpg

『はたらくクルマ タクシー・建機編』 好評発売中!

「業界初!?」とも一部で言われるタクシーを大きなテーマとした内容。2012年夏現在の東京タクシー70台の一挙掲載をはじめ、東京無線の「グランプリカラー」号や間もなく消えようとしている中央無線カラーの車両などを詳しく紹介。430、330、クラウンS80~110系、バイオレット、T140系コロナ、カスタムキャブなど80年代懐かしのタクシー・アルバムや貴重な90年代後半都内のタクシーアルバム、群馬の日本中央タクシー訪問も。タクシー以外の話題は、巻頭のコベルコ建機五日市工場訪問、東急ハンズ広島店×共和工業の建機ミニチュアコーナー開設の話題。トヨタ・ハイラックス郵便車のディテール紹介、HonndaスーパーカブMDシリーズ(郵便バイク)変遷コラムなど。
本ブログでの紹介記事はコチラ!

なお、『バスグラフィック』Vol.5は売切、『バスグラフィック』Vol.1~13、『はたらくクルマ タクシー・建機編』は在庫僅少で、今後、売切になりお買い求めしづらくなる可能性があります。「今後買おうかな?」と思われていたものがありましたら、お早めにご購読いただきますと幸いです。


  • 1

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.