趣味の総合サイト ホビダス
 

Ford Maverickの最近の記事

out of gas

| Category:

03.jpg

またしても燃料計に騙されてガス欠・・・

で、原因も全く同じで汲み上げホースの上にフローターがのっかっていたのでした。

今回携行缶は空っぽだったので応援を呼ぶことに。

ちなみに現場は目的地の知り合いの会社から直ぐ近くでした。

現場から200mほどの所に7/11があり、そこで待ち合わせる事にして空の携行缶を持って向かったところ、7/11の2件隣がスタンドだったりして。

そんなワケで応援が来る前に給油完了。

07.jpg

ちなみに、応援に駆けつけてくれたのは↑コチラ。

改めて見ても、そのアンチエイジングっぷりはハンパ無いです。

04.jpg05.jpg

で、預かっていた知り合いのロードランナーを岩槻から高円寺に移動。

383SC+4スピードの走りは気持ち良いですワ。

アクセル開閉度4割程度でクラッチを繋ぐだけで、タイヤからモクモクと白煙をあげてくれるし、アクセルそのままで2ndに入れても軽く犬走りしてくれるので楽しいですワ。

それにしても、こうして71GTOと一緒にガレージに収まった姿はゴキゲン過ぎですネ。

USAでもなかなか見れない組合わせかも・・・・

06.jpg

で、ロードランナーを移動するにあたって協力してもらった69シェヴェル乗りの知り合いと遅めのディナーを取る事に。

どうせなら行った事の無いお店で対応したかったのですが、時間も遅かったので結局24時間営業している太郎軒へ・・・

そしたらこんな乗物に遭遇。

エキゾチックなデザインがイカしたトライクですネ。

08.jpg

で、太郎軒に入店するタイミングで所持金が自分の分も払えない額であることが発覚!

夕飯をご馳走するという事で協力してもらいながら、結果として支払も担当してもらう事に。

軽い詐欺状態ですが、太郎軒の味とボリュームによる満足度がリカバリー。

事実上詐欺にならぬよう近日中にフォローしたいと思います。

そんなワケで、お騒わせな一日でした・・・・

leaking fuel

| Category:

04.jpg
 
昨日に引き続き岩槻ガレージの壁面を左官で漆喰仕上・・・

それにしても暑いですワ。

高い所はこのハシゴでは危なっかしいので、安全な範囲内に停めつつ2度塗りした時点で材料が無くなったので終了。

03.jpg

で、夜になって高円寺に戻る途中で給油したところ、セーフティータンクのオーバーフローのホースからガソリンお漏らし・・・・

トランク内のホースの付根付近に荷物を置いていたうえに、ちょうしコイてアグレッシブな走りをしたせいでホースがズレた模様。

その程度でズレるような感じでは無かったんですが・・・アレンジが必要だな。

スタンドの人にはご迷惑かけましたm(_ _)m

05.jpg

お家ではJAMがひとりでプースカ寝てるだけで誰もいないし・・・・

台風を満喫しに沖縄に行ってるんだな。

06.jpg

夕飯になるようなモノが見当たらなかったので吉野家で対応することに・・・

塩豚丼とかいうのにしてみた。

夏にはイイかもです。

07.jpg

そんでもって先日知り合いに頂いたスイーツを・・・・

専用のカラメルソース&パウダーが付属されたチーズフレーバーのプリン。

ソース、パウダーの順でプリンにかけると、あら不思議、焙らずしてクレームブリュレの食感&テイスト!

美味しいし楽しいし◎ですワ。

パウダーはなるべく均一にかけるとより効果的かも・・・・

Rag Joint Flange

| Category:

_07.jpg

本日は用事のため48へ・・・・

で、48にほど近い122の反対側に渡る陸橋手前のUターンをいつものようにアクセルターンで対応したところ、ハンドルに異常なガタつきが・・・

_08.jpg

到着までの数百メートルは何とかそのまま乗って行きましたが、確認してみたらステアリングのラグジョイントフランジが崩壊してました。

高速走行中だったらエライことになってたかも・・・・

_05.jpg

こんな感じでリプロパーツが売られているので、とっとと入手して入替たいところ。

更に、フューエルポンプ(メカニカル)がリークしていることが発覚。

そんなワケで、ギュウ太郎は48に置き去りです。

Wheel Alignment

| Category:

_16.jpg

アムテックスさんに協力してもらいスナップオンが保持するブランド、ジョン・ビーン製の3Dデジタル計測器を駆使して、ギュウ太郎も4輪アライメントを完璧に調整した次第。

_15.jpg

何はともあれ計測したところ、その数値があまにも酷かったため計測器をチェック&リセットすることに。

しかしなが、間違いの無い実データでした。

特にリアのスラスト角(クルマが進む方向を決定付ける最も重要な項目)が13分と真っすぐに進んでいいない事が誰が乗っても判るレベルでした。

69ロードランナーの時も同じような数値だったので、その時はスラストプレート(リジットリーフ車のスラスト調整パーツ)で対応したのですが、ギュウ太郎の場合はホーシングとリーフスプリングを留めるUボルトの長さがカツカツで、スラストプレートを挟むだけのスペースが有りませんでした。

そこで、ダメモトでUボルトを緩めた状態でホーシングをチェーンで引っ張って調整したところ、理想の数値に戻す事ができちゃいました。

_14.jpg

後輪のスラスト角がバッチリときまったところで、近年ラインナップされたファルコン、トリノ、マヴェリック等に対応するSPC製アッパーアームを装着したうえで、4輪アライメントの調整。

このアームは、ストックの取付位置にセットするだけで、キャスターが3°追加されるうえ、いわゆる"シェルビードロップ"なジオメトリにアレンジできちゃいます。

"シェルビードロップ"では、これまでボディー側に穴を開けてアーム自体の取付け位置を下げていたワケですが、このSPC製のアームは、ご覧の通り取付位置に対して支点が2cmほど下げられた設計なんだな。

_8.jpg

で、フロント側は最終的にこんな感じ・・・・

新車のトヨタ車でもここまでキッチリした数値にはなっていないでしょうネ。

そんなワケで、実際にドライブしてみると全く別のクルマと思えるほど直進性、操作性ともに飛躍的に改善されました。

操作量も明らかに減ってクルマが素直に反応してくれます。

キックバックが軽減されながらもハンドルの重さは特に悪くなってないし。

4輪アライメント調整の重要性は、これまでにも63ベルベディア、69シェヴェル、69ロードランナー、64コルヴェットでも行なって来たので充分理解も体感もしていたつもりでしたが、今回は特に実感した次第。

1000 mile round trip

| Category:

0-20.jpg

Cruisin'の編集に追われてブログの更新が滞ってました・・・・

比較的イージーなFacebookの更新を優先しがちでして、それでも実際にアップしようと思って撮った写真の7割ほどしか反映されてなかったり・・・

で、入稿を終えて多少余裕ができたので、先月の事で恐縮ですがおさらい的な意味でアップすることに。

3/15日に開催されたV.D.A.初戦に合わせて、道中2件の取材を兼ねた延べ1500kmオーバーの旅。

旅の相棒はもちろん、ギュウ太郎こと'71年型Fordマヴェリック。

0-19.jpg0IMG_3649.jpg

高円寺を出発してからまず最初の取材地は関西空港。

おクルマは和歌山のスピードリサーチさんの'71エルカミーノ。

デイリードライバーとしてカジュアルながらもスッキリと仕上げた格好の個体!

'71年型の人気は日本ではイマイチって感じではありますが、USAではストリートマシンのベースとしてはむしろポピュラーな存在。

それだけに日本でコレを乗る事でアメリカらしさを強く味わえる感じがして個人的にも'71が欲しかったりします。

0CIMG4110.jpg

以前他誌で取材させてもらったワールドフェイマスな'72コロネットも駆けつけてくれました。

自分のセンサーはかなりワイドバンドでも4ドアではまず反応しないのですが、これには素直に反応しました。

'71年型以降のBボディー車は4ドアと2ドアではそれぞれ独自のデザインとなっているのがポイント。

4ドアながらもオーバーハングの長いMoparらしさのあるスタイリングが素敵です。

"バンブルビー"の採用によって、より強調されたうえマッスル指数もグーンと高まってます。

0IMG_4060.jpg

翌朝は岡山県の笠岡ふれあい空港へ・・・

ハーレー限定のドラッグレース団体V.D.A.の初戦。

ローカルな空港でのドラッグレースということで、アメリカ気分が味わえて◎!

写真はビッグエンド(ゴール地点)にて。

0IMG_4050.jpg

全国各地よりドラッグ馬鹿なハーレー乗りが集結。

目的に特化したマシンでひしめくパドックエリアは半端なショーの何倍もワクワクしちゃいます。

IMG_3912.jpg

今回バイクでのドラッグレースは初参戦となった高谷クン

開催地が岡山県ということもあって2月に行なわれた総合格闘技VTJでの試合に勝ったら参戦と決めていた所、1R目で秒刹KO勝利を決めたうえMVPも受賞。

そんなワケで、高谷クンから一緒に参戦するよう誘われたので、当初は自分もアイアンで出場するべく、トランスポーターとしてのデューリーのエアサスも修理して準備も万全。

しかしながら、別件取材がレース同日でしか調整が付かず、参戦する時間は無いってことで取材に徹した次第。

レース場にいながら出走できないストレスは結構辛かったりします。

ちなみに初戦はWEST DRAG 200との併催となっており、V.D.A.のシリーズ戦の中で唯一200m(約200m / その他の開催地ではSS1/4)となってます。

0IMG_4131.jpgIMG_4231.jpg

で、午後からはコチラの素晴らしい510の取材のため兵庫県に向かった次第。

昨年のSCNで現車を見た時点で、オーナーは相当なレベルでアメリカンホットロッドに精通している者に違いないと確信してましたが、実際は想像以上の強者でした!

その辺はアプローチやクオリティー、ディテーリングにキッチリと反映されております。

なのはともあれ、姿勢の良い車高スタンス&タイヤ/ホイールのアレンジが◎です!

今まで見た510中で最も欲しいと思ったぐらいツボな個体です。

0IMG_4255.jpg

510の撮影中にはフェラーリ親子に遭遇。

お父様も立派で素敵ですが、息子さんの方が個人的には大好きだったりします。

オルターネートカラーともいえる黄色ってのも素敵です。

0IMG_4257.jpg0IMG_4261.jpg

取材は夕方には終わったのですが、510のオーナーさんとクルマ談議で盛上りすっかり夜になっちゃいました。

そんなワケで、兵庫県からは自宅に直行することに。

兵庫からの道中には寄り道したいショップさんがいくつもあるのですが、渡米取材をひかえてタイトなスケジュールだったので今回は断念。

で、撮影に使うため脚立をキャリアに積んでたのですが、これによる風きり音(常識的な速度域なら問題無しです)がハンパ無くやかましいのです。

タイダウンの取り回しをアレンジするなどで対応してみましたがダメ。

そこで、脚立を車内に入れてみたところ、これが意外にもアッサリ入っちゃいました。

そんなワケで、帰り道は更にペースアップすることができました。

遠方までの取材は経費の事も考えて詰め込んでしまいバタバタで疲れますが、プライベートでは行けないところまで愛車でドライブできて◎です。

heavy traffic jam

| Category:


0IMG_3579.jpg

ギュウ太郎にフロントスポイラーが付きました〜!(^o^)

このファイバーグラス製のスポイラーがマヴェリック用ながらど〜考えてもフィットしない形状をしてまして、どうやって付けるか悩んでいたワケです。

ゼロから作るのは大変ですし、コレを活かすにしてもそれなりの加工が必要になりそうだしで・・・・

で、以前ANDY'Sで相談にのってもらい最小限の加工で何とか付けてみようってことになったんです。

それで昨日ギュウ太郎を預けたのですが今日の昼過ぎの時点で装着完了の連絡が有り、早速引上げに行った次第。

ん、ちゃ〜んとくっ付いてるじゃない。

しかもスポイラーはほぼ無加工。

逆転の発想でスチールのパネル側をスポイラーの形状に合わせてアレンジしたそうな。

流石、しかも仕事が早いし仕上りも全く違和感無し!

ANDY'S Rod Works恐るべしです・・・・

0IMG_3582.jpg0IMG_3583.jpg

で、渋谷で待ち合わせがあったのでANDY'Sから直行。

時間的に充分余裕があったので下道で向かってみたところ、事故や工事でも無いのに無駄な混み方。

念のためってな感じで途中から高速に乗ってみたら、これまたトラフィックジャム・・・・

それにしても動きが悪過ぎ。

一瞬空いたかと思えばすぐさま渋滞。

都心に近づくにつれ酷さが増して、長〜い地下では全然動かないし。

前のオジさんはクルマから降りてどっか行っちゃうし!

恐らくトイレが我慢できなくなっと思われます・・・・

で、やっとの思いで渋谷で降りてみたら、これまた大渋滞。

246がこれほど動かないなんてことは初めてでしたワ。

待ち合わせには間に合わなかったので、その後に向かう予定だった場所に直行した次第。

1時間以内で着けるはずの距離だったんですが、結局3時間半もかかっちゃいました・・・・

一体今日は何があったんですか?

0IMG_3585.jpg

祝ガレージ付き一軒家購入!!

お友達がネ(^_^)

都心にしてはなかなかの間取りでイイ感じ。

ガレージのシャッターは電動式だし。

入居前にリフォームしたいというので自分の知り合いの業者さんを紹介した次第。

なんだかワクワクするな〜・・・・・

0IMG_3592.jpg

帰ってきて改めてギュウ太郎を見てその凛々しさに大満足!

このクルマには絶対必要なパーツだナ。

車高っぷりもよりイイ感じに見えるしネ。

fender opening

| Category:

0IMG_2689.jpg

入稿が済んで一段落したタイミングを利用して、ギュウ太郎のフェンダー加工をしに48へGO!

スマートフォン・リンクユニットの壁紙をかえてみた。

そんなささいな事も気分が変わって楽しかったりします。

0IMG_2691.jpg

走っていてゴム臭いだけあって、タイヤはこんな感じで削れちゃってました。

0IMG_2696.jpg

フェンダー加工専用ローラーを使って出来るだけフェンダーのオープニングを外側に広げてるところ。

当初に比べればかなり良い所までもってけたんですが、二人以上乗車すると、ど〜してもタイヤのショルダー部が当っちゃう感じ。

0IMG_2697.jpg

こうして見ると、車高とタイヤのバランスはイイ感じなんですど・・・

とりあえず、他の作業も含めて翌日に持ち越すことに。

0IMG_2702.jpg

で、ギュウ太郎は48に置いて、別の場所に置いておいたフランシル君のところまで送ってもらい乗り換えて帰宅。

このクルマの車高っぷりとタイヤの納まり具合が完璧なんだな。

そのかわり、それをクリアするために行なわれた作業メニューも相当なもんですからネ。

カッコイイし、ちゃんと乗れる優秀なヤツですワ。

そんなことを改めて感じながら、遠回りして帰った次第。

Fender Flares

| Category:

012261.jpg

番長がGTOで出動しようとしたところ、ホーンが勝手に鳴ったり鳴らなかったりで調子がよろしく無かったので、ホーンの配線を外した次第。

このおクルマの場合は、コアサポートからグリルまでがご丁寧にカバーされているので、そのカバーを外さないとホーンまで辿り着けなかったりします。

カバーを見るといかにノーズが長いかがわかりますワ。

012262.jpg

で、この日はANDY'Sさんにお邪魔してきました。

こんな素敵なビュイックに乗るカスタマーがいらしてました。

012264.jpg

で、この日は牛太郎に新たに用意したホイール/タイヤを収めるべく、リフェンダーの加工の相談に・・・・

用意したホイール/タイヤをフィッティングしてクリアランスをチェックたうえで、何はともあれ、油圧の力を借りてフェンダーの淵を外側に押し出してみることに。

インナーフェンダーと一体化されているので、本来なら適正な箇所に切り込みを入れてから、ハンマーで整形するんですが、牛太郎は見ての通りやさぐれた状態ですし、予算のこともふまえて、強行手段で行くことに。

012265.jpg

インナーフェンダーとの合わせ目となっている淵の部分は、水がたまりやすくすでに腐食があったため、ポンプで一押しした程度で簡単に分離。

そんなワケで、ことの外簡単にフェンダーを押し出すことができちゃいました。

0IMG_0775.jpg

結果としてホイール/タイヤを履き替えた状態で、乗って帰ることができちゃいました。

ところが、横方向はギリギリセーフなんですが、タイヤの直径がこれまでのものよりも若干大きくなっているため、縦方向にストロークするとインナーフェンダーにタイヤが干渉しちゃいます。

このまま乗るワケにはいかない感じなので、ひっぱたくなりして対応しないとです。

そもそも現段階ではフェンダーの淵の部分はインナーフェンダーと分離した状態ですので、その対処もしないとです。

つまり、ただただタイヤ/ホイールを収めたという状態。

なんとかなるといいんですけどネ・・・・

once again

| Category: | コメント(0)

0IMG_8704.jpg

本日は前回に引き続きANZU様にご登場頂いての撮影・・・・

この時期にしては温かいのは良かったけど、撮影には日差しが強過ぎて何かと大変でしたワ。

次号は12/26日発売ですのでよろしくお願いしますです。

で、12/1(日)のYOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOWでは、クルージンのブースにて生ANZUがおがめます。

ご来場下され。

0IMG_8746.jpg

今回は牛太郎も脇役で登場・・・

011241.jpg

撮影を終えて高円寺に戻りうかうかしていたらなんやかんやで4時。

ランチもとってなかったし、なにはともあれ高円寺南まつりのフードコートに出向いてみたものの、4時で終了してましたワ。

で、何を食らおうか悩みながら歩いていたら、こんなおクルマに遭遇。

カスタムウッディーですナ。

なんともダイナミックなトリミングっぷり・・・・

ちなみに反対側はノーマル状態でした。

011242.jpg

で、昨日のリベンジってことで、ヒロセに行ってみた。

ボンジュールは本日もソールドアウトでした。

トホホ・・・・・

Compact Heater

| Category:

0CIMG4359.jpg

今日は久々に48に行って来ました。

バイトではなく牛太郎のチェック&ヒーターの取付けネ。

リング&ピニオンギアの変更以降時折シャ〜という音が鳴るようになったのでチェックしたところ、デフ側に付くダストカバーが外れてドライブシャフトと擦れる音でしたワ。

0CIMG4368.jpg

で、ヒーターもその場でササッと付けてくれたんだな。

ヒーターホースを繋ぎたい所にセットされていた水温計のセンサーを移設するうえで必要となる変換プラグもストックがあったので無事セット完了。

バルブの開閉は、ハイカムの為アイドリングではバキュームが足らず機能しなかったので開けっ放し。

ちなみにヒーターユニットはストリートロッドなどスペースが限られるおクルマ用のコンパクトなタイプ。

一応Vintage Air社製ではありますが、ちょっと心配なぐらいブロアモーターが小さかったりして。

0CIMG4367.jpg

一番安いタイプなんでデフロスターも温度調整も無く、風力が3段階選べるのみ。

以前乗っていた37年型Fordに取付けたヤツはやかましいワリに風力が弱く、ユニットの近辺した温かく無くてダメダメでしたが、コイツは実際に使ってみると、風力は充分だしブロアーのノイズも気にならないレベルだしでOKでした。

先日の富士に行った時は寒くて半ベソかきながらのドライブでしたが、コレでも〜何所にでも行けるワ。

0CIMG4364.jpg

ポカポカで気分良くドライブが出来るようになったので、いつもとは違うルートで帰ることに。

で、途中のR17で一風堂を発見したのでピットイン。

以前九州に行った時に初めて食べた時程の美味しさは感じられなかったな・・・・

0CIMG4365.jpg

一風堂を出てR17を走っていたら、エスプリ様に遭遇!!

いつ見てもカッコいい〜な〜!

見るからにジェントルなシニアな方が運転されてましたが、思いのほか踏み込んだ走りだったりして、それがまたカッコよろしかったです。

そんなエスプリ様としばらく一緒に走れて楽しかった。

  • 1

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング