趣味の総合サイト ホビダス
 

« 子猫な日々 | トップ | 60年目の亡霊 »

2005年11月25日

模型放談異聞




 11月20日、日曜日、晴れ。今日は友だちのながうお君と静岡のツインメッセ静岡と云う都会に行きました。タミヤフェア2005と云うとても楽しい催し物があったからです。そして一段高い大舞台の上では松井さんと云う有名なテレビ局のアナウンサーのひとと、田宮模型と云う世界で一番のプラモデルメーカーの社長さんの田宮俊作さんと云う偉いひとがお話をするのだそうです。ボクは同級生の友だちの金子たっちゃんと、そのお話会が始まるまで一番前の席でお話をしていました。するとタミヤのYさんに「出演者がそんなとこに居ないで下さいよっ」と怒られてしまい、首根っこを掴まれて舞台裏の楽屋に監禁されてしまいました。いや、別にYさんが恐いひとなのではありません。とても仕事熱心なひとなだけです。
 ボクは松井さんと社長さんのお話をとても真剣に熱心に聞きました。「…ですよね、平野さん?」「はい…」「…なんですか、平野さん?」「はい…」「…では無いんですか、平野さん?」「はい…」 ボクも真面目に参加しようと思い精一杯「はい」でお話をしました。松井さんの作った昭和36年製パンサータンクが「まずるぶれーき」をチカチカと赤く点滅させながら、きゃらきゃらと走ると、会場も社長さんもとても嬉しそうでした。松井さんもとても鼻高々で楽しそうでした。なんて素晴らしい戦車の宴なのだろうとボクもつくづく感心していました。あ、そうそう、このお話会は「モデルカーズ・プレゼンツ」なのだそうです。あとで裏でながうお君が泣いていたけど、ボクには何故ながうお君が悲しそうなのか分かりませんでした…「いーかげんにしやがれーっっ! どげげげげーんっっ!!!!」(はた君とばばさんとふなばし君の怒声ととび蹴りの音です) 以上、年長さん、梅組、平野ねこんた。
 というようなお話はさて置いて(何でもさて置くなあ、おめーはよっ…とながうお君が睨んでいます。あは、あは、あははは)、田宮俊作社長とお話させていただくのは久し振りであった。失礼ながら御歳70を迎える方とはとても思えない若さで、増々血気盛ん(そりゃ逆に失礼な物言いやろ~チッチキチーやでえ)、元気一杯のご様子である。私としては何を血迷ったか1/12ビッグスケールシリーズにプラモデルキットの新作を希望し、またタミヤとしてのプラモデルの今後の展望を伺ってみた。1/12ビッグスケールシリーズは思えば我々プラモファンにとって永遠の金字塔であり、失ってはならない梁山泊でもある。その基本コンセプトは既に1967年発売の第1作ホンダF-1/RA273によって提言されているが、1976年に発売されたポルシェRSR934で完成域に達し、更に1977年発売のポルシェ935ではより完全なものとなった。その後、プラモデル自体の低迷などの緒事情もあって、同社の1/12モデルはダイキャスト完成品のホンダF-1/RA272、複合素材により実車感覚をより楽しめるケータハム7、大型モデルのらくちん化を模索したローバーミニなど、様々なアプローチがなされて来た。そして最新作のポルシェカレラGTに至って超豪華化粧箱入りの半完成ダイキャストモデルへと進化している。かつてコンティやウイングローブらスペシャリストによってのみ可能と思われたハイクオリティモデルの供給が、低価格帯で実現されるに至ったのである。モデルカーファンにとってはまさに嬉しい限りである。しかし、プラモデルにこだわり続けたい私としては、やはりタミヤのプラモデルキットのこれからが気にかかる。スケールモデルのタミヤであるのは言うに及ばないが、プラモデルのタミヤでもあり続けて欲しいのだ。社長、どうかプラモデルを見捨てないで下さい。そして、またぞろ1/12ビッグスケールシリーズにプラキットの新作を登場させて下さい。こんなプラモ馬鹿な私の直訴に対して、たとえリップサービスであったとしても優しく「何が良いですかね?」と対応して下さった社長の眼差しには、やはり「模型を愛して止まず」の光りが充ちていて安堵した。「クルマらしい時代」そして「'60年代」…このキーワードが期せずして社長の口からも飛び出し、私たちファンと同じ目線、同じ指向であることも確信した。私は是非にも「ポルシェ906」を提案させていただきたい。内容的にはかつてのポルシェ910と同程度のキットであって構わない。純プラスティック構成で、パーツも必要最小限なレベルに抑えてだ。むしろ、そのくらいの方が現実味が高まるというものかもしれないし。そして、プラモ馬鹿たる私の妄想はフォードGT、コブラ427/289FIA、デイトナクーペ、ポルシェ917、フェラーリ330P4 …と再現なく先走って行くのであった。嗚呼、こんな日が本当に来たら、そう想像するだけでもはや夢心地である。こうなりゃモデラーに署名を募って嘆願書でも出すか!…余りの数の少なさに却下されたりして。とほほほほ。

投稿者 平野克巳 : 2005年11月25日 20:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/4598


« 子猫な日々 | トップ | 60年目の亡霊 »