趣味の総合サイト ホビダス
 

哀惜の秋の夜半

| コメント(0)

 念の為に先ずことわっておくが、ワタシは別に死神ではない。それを先に明言しておく。そのうえでのお話であるが、ここのところ、ワタシの周りでは訃報があとを絶たない。前回アップしたブログで親しい友人が亡くなった事を書いたが、その後も不幸の連鎖が続いている。終わらない。やはり戦友である編集者H氏の細君の訃報が届いた。彼とは他社ではあるがMキャッツの誌面で苦楽を共にした仲だ。気の良い男であった。今はモデルマイスターとして安定した地位を築いているが、人生の伴侶を失った哀しみは恐らく他人には解らない。お座なりな言葉をかけたくはないので、彼とはその話題について触れる事もなく現在に至っている。
 そんな折りの今月5日、DTMの小森康弘氏が急逝された。モデルカーズ創刊号からの旧い読者諸氏ならご記憶であろうが、1/12コブラ427や1/43ホンダRA272改のフルスクラッチなど、初期のモデルカーズには欠かす事のできない感性、技量共に凄腕のモデルカー愛好家であった。そもそもがインダストリアルデザイナーである氏は日産キャブライトをデザインされた事で知られているが、ワタクシ的にはその昔、ゲームセンターにあったドライブゲームの設計者としてリスペクトすべき御仁であった。ベークライト製三本スポークの実車用ステアリングホイール(確か三菱ジープのものだったと思う)と三菱ジープのティントイが連動しており、ワインディングロードが描かれたベルトコンベアの上をコースに沿って走らせ、どこまでコースに正確に遠くまで行けるか得点を競うゲーム、あのゲームが幼少期のワタシの一番好きな遊びであったのだが、のちにそれが小森氏のデザイン設計であった事を氏から直接伺ったのは感慨深かった。常にモデルカーズの企画の為に尽力していただき、なにくれとなく協力して下さった。その後、ワタシが最前線から退いた事もあってモデルカーズとは疎遠になってしまったが、お住まいが平塚という事もあってちょくちょく遊びに伺わせていただいたものだった。近年は挨拶状のやり取り程度となってしまい、「平塚が遠い」「鎌倉はもっと遠い」などと戯れ言を言い合うばかりだったのが悔やまれる。気難しさとは無縁とも思われるあの好々爺然たる朴訥とした気取らぬ笑顔が今も脳裏から離れない。芸術家としても工芸家としても辣腕の昭和の職人であった。取り残されるばかりのワタシには寂しさと心細さばかりがつのる。それでも人生は続き時代は回る。

コメントする

プロフィール

平野克己(ひらの・かつみ)

MC誌の最前線を長うお准将に託し現在はフリーランスの予備役として活動中。湘南鎌倉で猫的スローライフを提唱しつつ、国産プラモデル史の編纂に尽力する日々を送る。永年飼ったコブラ427S/Cを手放しMC(Motorcycle…Modelcarsではありませぬ)復帰を密かに目論む。自称昭和プラモ小僧の60歳。座右の銘は心情溢るゝ軽薄さ。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.