趣味の総合サイト ホビダス
 

ふと思う心の隙間

 別に意図している訳ではないのだが、ここのところ当該ブログは訃報ばかりに触れている。目出度いことは少なく哀しみばかりが続いている。先日、現在の職場の同僚の父上が逝去されたが、時を同じくして高倉 健、そして菅原文太の昭和の二大スターも亡くなった。私は両氏に格別の思いがある訳ではないのだが、晩年の健さんは好きだった。八甲田山、駅ステーション、動乱、ぽっぽや、あなたへなどは好きで繰り返し観ている。実を申せば娘の名前は駅ステーション劇中の薄幸の娘から名付けた(薄幸な女の名を娘につけるって...) 思えば物心ついた頃より私は一体どれだけの映画を観て来た事だろう。高校生の頃は学校が品川だったので、土曜日は制服のまま有楽町に直行していたし、日曜日には三本観る事を常としていた。だが今はもうそんなに映画館に通う事もない。勿論DVDが普及したせいもあるのだが(我が家はブルーレイ未導入...)、劇場へ出向くだけの精神的余裕が無い。そんな私は最早「映画好き」とは言えないのだろう。だが昔の映画は繰り返し観る。それが休日の楽しみのひとつともなっているのだ。映画好きと言うと「どの作品が好きか?」と聞かれるのが常であるが、膨大な作品の中から選び出すのは無理な話だ。それでも最近になって思うのは敢えてランキングをつけるとしたら"ニューシネマパラダイス""ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ""男と女"を挙げるだろう。邦画の"異人たちとの夏"も切なくて好きだ。そして人生に深く影響を及ぼした、もしくは人生観を変えた作品を挙げるなら"イージー・ライダー"に他ならない。腕時計を捨てて社会からドロップアウトする姿は、若き日の私に多大なる影響をもたらした。大学を辞め社会に背を向けたのだ...そして、その末路(笑)はこんななってもた...。まあ人生おちゃらけ、ちゃいちゃい、である。人生色々、である。自らが選んだ道であるから、最後まで全うするつもりではあるのだが、それにしてはバイクも降りちゃったしなあ...イージー・ライダーどころか「良いジジイ・ライダー」にもなれへんなあ...。嗚呼、ハーレーが欲しい...って、最後は物欲かいな。

プロフィール

平野克己(ひらの・かつみ)

MC誌の最前線を長うお准将に託し現在はフリーランスの予備役として活動中。湘南鎌倉で猫的スローライフを提唱しつつ、国産プラモデル史の編纂に尽力する日々を送る。永年飼ったコブラ427S/Cを手放しMC(Motorcycle…Modelcarsではありませぬ)復帰を密かに目論む。自称昭和プラモ小僧の60歳。座右の銘は心情溢るゝ軽薄さ。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.