趣味の総合サイト ホビダス
 

春の訪れを待ちわびて...

 我が家に2匹のみ残っていたネコの1匹、風ちゃんが死んだ。桜が開花しようかという3月23日の夕刻のことであった。死因は分からないが突然死であった。朝はいつもどおり元気で居たのに、帰宅するともうその命はなく、ほのかに体温の残る骸と化していた。三毛のミックスで今年の9月には10歳になる筈だった。いかにも女の子らしくしぐさの愛くるしい、鳴き声の可愛いネコであった。甘えん坊で寂しがりやで、いつも妻の膝に乗り、すがるように胸にかじり付いているようなネコであった。少し哀愁を帯びたような、それでいてきょとんとした眼差しが愛しいネコであった。桃色の肉球が可愛らしいネコであった。夜は私の足元でいつも眠るネコであった。今夜からはもうネコの重さを感じることなく、伸び伸びと足を伸ばして寝られるのだと思うと切なくて哀しい。突然逝ってしまった9歳の小さな命。その9年をどう捉えたら良いのか、ただ胸の空洞を風が吹き抜けるばかりだ。9年もの間を共に暮らしたのだと思うべきなのか、たった9年しか一緒に過ごせなかったと考えるべきなのか、ときの移ろいの不思議さに、ただただ狼狽えている。こんなことばかりが続き、そうした事柄ばかりを書いているので、奴は鬱なのではないかとご不審に思われるかもしれぬが、決してそうではない。ただ人生の儚さ、虚無の哀しさに打ち拉がれているだけなのだ。まもなく桜が咲く。今年は愛しい風ちゃんの弔い花となるだろう。お別れの朝、段ボールの棺に納められ、黒いバンで去って行く後ろ姿を見送った。初めて号泣した。風のように逝ってしまったふうちゃん。ふうちゃん、ふうちゃん...。P1210011.jpg

プロフィール

平野克己(ひらの・かつみ)

MC誌の最前線を長うお准将に託し現在はフリーランスの予備役として活動中。湘南鎌倉で猫的スローライフを提唱しつつ、国産プラモデル史の編纂に尽力する日々を送る。永年飼ったコブラ427S/Cを手放しMC(Motorcycle…Modelcarsではありませぬ)復帰を密かに目論む。自称昭和プラモ小僧の60歳。座右の銘は心情溢るゝ軽薄さ。

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.