趣味の総合サイト ホビダス
 

高齢者文化がやって来る

 プラモデルが根付いて既に半世紀。かつては永遠とも思われたその繁栄も、今では無惨なまでに衰退してしまった。それは時代の変貌と推移の為せる業であるから致し方ない。しかし、滅ぼうとしているものをただ傍観しているだけでは、絶滅しようとしている稀少動物を指をくわえて見て見ぬ振りをしているにも等しい。業界の片隅で禄を食んできた我が身としては、微力ながらも何か絶滅を抑止する為の策を講じることができないものかと考える。
 その発祥においてプラモデルは単に子供の玩具であるに過ぎなかった。しかし、今日では専門的な知識とスキルが必要とされる大人のホビーへと変った。それはそれで良かったのだと考えるとして、問題なのは新たな後継者人口が増えないことにある。何れの世界も後継者の居ないことが深刻化している時世ではあるが、プラモデルの世界もそれが最も深刻な問題である。ガンダムブーム以来、プラモデルそのものに求めるユーザー意識が激変し、更にはゲームによって完全なプラモデル離れに拍車がかかってしまった。
 子供たちがプラモデルに興味を示さなくなって、次世代への新陳代謝は完全に滞り、今や「かつてのプラモデル世代」が刻一刻と年齢を重ねているに過ぎない。つまりプラモデルにも高齢化の波が押し寄せている訳だ。かつての「ソリッドモデル」と呼ばれた木製模型と同じ経緯を辿っている。ただ昨今の高齢者は元気である。老人となったれば趣味はゴルフと盆栽、口ずさむのは演歌と民謡、なんて時代はとうに廃れてしまった。Jazzさえも古臭いと感じるようなRock世代である。プログレッシヴやヘビメタに啓示を受けたような「ロックじじい」であるから、ジーンズに革ジャンなんて風体も当たり前である。サザエさんの波平さんみたいな年寄りなど今は居ない。
 ただ、年齢を重ねれば確実に老化することだけは否めない。どんなに体力、気力が若く保たれていようとも、やはり生物としての衰えはやって来る。目に来る。老眼である。眼鏡やルーペで補正しても、細かいものが見え辛くなるので疲れる。指先の感覚の繊細さが若干鈍る。ピンセットよりも自身の指先のほうが確かだと思っていたのに、小さなパーツを取りこぼすことが増える。長時間じっと張り詰めた作業をし続けるのが辛くなってくる。それは肉体的な理由だけでなく、集中していられる精神力の低下も影響している。
 プラモデル作りが面倒になる。それどころか苦痛にさえ思えて来る。それは若い頃と同じようにプラモデルを作ろうとしているからではないのか。「あの頃は出来たのに...」「かつては面相筆で手描きしたのに...」 昔を思い出しては、ヘタになった自分にがっかりし、モデルに愛着も満足も感じられなくなっていく。だが、考え直そう。今の自分にはこれくらいしか出来ない...それで良いのではないか。何も卑下する必要などないのだ。日本人の大好きな精密という言葉の呪縛から解き放たれて、自由にプラモデル作りを楽しむべきだ。1/24を1/16に。サイズアップするのもひとつの手法だろう。手描きペイントを自作プリント・デカールに置き換えるのも現実的だ。修正改造しない、と割り切るのもひとつの見識だろう。
 専門雑誌を見れば相も変わらず「1/700戦艦にエッチングの手摺」など取り付けている。どこまで実物をリアルに再現可能か、徹底して改修加工を施し、ディテールアップに血脈を挙げている。それはそれで結構である。それもひとつの表現手段であるから。そうした主義を決して否定はしない。しかし、それを常に押し付けるような誌面造りは止めてくれないか。製作サイドのマスターベーション的な記事ばかりが王道である、みたいな方針を考え直してはくれないか。誌面の隅々から「このレベル以外は相手にしねえよ」みたいな自己満足だけが匂うのだ。いつまで高度成長時代の「若者偏重主義」にどっぷり浸かり続けているつもりなのか。時代は変貌し続けている。求められているものも激変する。ましてや雑誌は生き物である。そうした直前の事実に気付かないまま、自動車雑誌業界は衰退しほぼ絶滅してしまった。今、模型雑誌業界も同じ轍を踏もうとしてるように思えてならない。もう一般ユーザーはとっくに気付いているのに、業界人だけが目の前の危機的状態に気付いていない。自らの自浄作用もなく意識改革もできずに居る。ただでさえ3Dプリンターが一般化、普及化しようとしているのが現状なのだ。目覚めよ、模型雑誌業界。滅んでからでは遅いのだ。

ささやかな望み絶たれて、そんな歌を思い出す

 情熱は醒め気力は萎えた。年齢のせいではあるまい。鬱だとも思っていない。ただ生きる指針を見失いつつある今、充実した日々ではなく、満ち足りた人生でもない。別に贅沢をしたいとは思わない。ただ平凡な暮らしが成り立ちさえすればそれで良い。だが、それもかなり難しい。最も貴重な財産であると思っていた友人たちも、その殆どが逝ってしまった。仕事について、趣味について、人生について語り合い、共有し合える戦友たちも今はもう居ない。最も愛した猫も記憶の中にしか居ない。それでも別に人生を悲観している訳ではなく、生きるとはそんなものだと、ただ達観している。
 好きな仕事を失い、好きなクルマやバイクを失い、人生の最大の喜びは遠退いて行った。酒や女、博打に憂さを晴らそうとは思わない。ただ淡々と枯れて行く自分と向き合って生きている。どこかで「人生の盛りを過ぎれば、あとはただ失う一方なのだ」という台詞を聞いたことを思い出す。恐らくそれは真理なのだろう。人生とはそんなものなのだ。だがつまらぬ。実に面白くない。老いるという現実にマイナス要因ばかりを重ね合わねばならないようでは、生きている価値もない。
 生活の為、日々アルバイトに精を出していることは相変わらずだが、一日の殆どを過ごす職場ではジャニーズと韓流、アウトレットやスーパーの安売り情報、愛犬自慢、夫の愚痴ばかりが蔓延している。最近、入って来た新人さん(人生においては余り新人さんでもない...)に前職は何かと聞かれ、面倒なので「極道だった。刑務所から出所したあとは、暫く雪深い北国で此処で共に働いているO田島さんと小さな居酒屋を営んでいた」と物語ったところ、イメージにぴったりですね、と妙に感心されてしまった。まあ、もうどうでも良いような気がしている。極道だったと言えば極道のような半生を過ごして来たのだ。決して真っ当な生き様だったとは言えまい。過去は過去でしかなく、それを懐かしむ気持ちもない。自負も後悔もない。然りとて過去に戻りたいとも思わない。ただ淡々と今を生きている。世間の片隅で目立たぬようにひっそりと。病葉を今日も浮かべて、街の谷、川は流れる...仲宗根美樹をもう誰も知らねえか...。

音は世に連れ、世は音に連れ

 仕事は無い。だから最近はとんとパソコンの前に座る事も無くなった。それでも永い習慣で就寝前には何とは無しについ座る。そこで音楽でも聴いて心と頭を休ませて寝ようと考える。音楽とは不思議なものだ。常に自分の想い出や回想とシンクロしていて、ありありとその時の事が甦ったりする。ボクにとって少年時代の記憶を呼び覚ますのはオルゴールによる"乙女の祈り"だ。恐らくゴミ収集車が鳴らしていたせいなのだろう。学校を休み、普段は居る事のない自宅で聴く乙女の祈りは、自分だけに与えられた特別な時間を象徴するようでワクワク感を彷彿とさせた。静かな下町の朝に流れていたあの乙女の祈りは、甘くて苦い少年時代の古びた想い出の味がする。ピアノが奏でる"エリーゼのために"には、鬱蒼とした樹々に囲まれた近寄り難い西洋館を連想する。ボクとは無縁な生活の響きであり私立小学校へ通うお嬢様を妄想する旋律だ。"Sleepwalk"を聴くと子供時代のあの街の風景が呼び覚まされる。Sleepwalkはサント&ジョニーのオリジナルだと記憶しているが、恐らくボクが覚えているSleepwalkはラジオから流れたものを聞き覚えたものだったろう。時代的にリッチー・バレンスだったかもしれず、なので今でもリッチー・バレンスのSleepwalkが一番好きだ。この曲は余り広くは知られていないようだが、レス・ポールやジェフ・ベックも演奏しているスタンダードな名曲だ。あのゆったりとした旋律が朴訥とした`50年代を連想させるのかもしれない。これに似た感傷を感じさせるのがザ・シャドウズ(クリフ・リチャードなしの...)の"春がいっぱい"だ。ただただこれらを聴くと「あの旧き時代」の風景がボクの脳裏を駆け巡る。
 しかしながらストーンズの洗礼を受けて以後、ボクは今もロック小僧であり続けているので、やはりそのジャンルを聴く機会が圧倒的に多い。そんなボクが最近はアート・オブ・ノイズやノーマン・ブラウン、ジョージ・ベンソンを聴いてから布団(ベッドでは無い。ボクの生活は和式なのだ)に入る。どうやら癒しを必要としているらしい。頭や心がくたくたに疲れているのだ。ただ、これは生活環境のせいで、歳のせいだとは思いたくない。猫の柔らかなにこ毛と温もり、そしてスムース・ジャズの穏やかな調べ、それだけが今のボクを支えているような気がしている。あー、ベレルの資料が少な過ぎる!!(笑)

プロフィール

平野克己(ひらの・かつみ)

MC誌の最前線を長うお准将に託し現在はフリーランスの予備役として活動中。湘南鎌倉で猫的スローライフを提唱しつつ、国産プラモデル史の編纂に尽力する日々を送る。永年飼ったコブラ427S/Cを手放しMC(Motorcycle…Modelcarsではありませぬ)復帰を密かに目論む。自称昭和プラモ小僧の60歳。座右の銘は心情溢るゝ軽薄さ。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.