趣味の総合サイト ホビダス

テクノNo.807オースティン・ヒーレー100

| Category:

02070083-0001.jpg

資料によると1954年式で1956年から生産されたようです。個人的にとても気に入っているミニカーです。その理由は、フロント・ラジエターグリルや各所のエンブレムやトランク・ヒンジ等がダイキャスト製の別パーツで構成されている点がとても特長的で面白いからです。ややオモチャっぽく感じられるかも知れませんが、当時の技術にて新しい表現方法としてメーカーの意気込みが感じられる力作です。現代のミニカーと違いウィンドスクリーン、ヘッドライト、シート類以外は殆どダイキャスト製パーツで構成されている大変贅沢な造りのミニカーです。ボディカラーとシートカラーのヴァリエーションが多数存在します。

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.