趣味の総合サイト ホビダス

丸餅(FIAT500L改)

| Category:

DSC05791のコピー.jpg

実は、1月3日に横浜市青葉区の自宅から、品川区大崎方面に出掛ける途中、いつもの国道246号に合流の緩い上り坂を走行中、いつも3速で加速するところ、失速してしまい、機関の不調に気づきました。その後、矢張り、プラグがかぶったように、エンジンの吹け上がりが重く、3,500r.p.m.以上回転が上がりづらい不調を感じていました。更に、帰宅のため、エンジン再始動時にエンジンが掛からず、ポイント、キャブレターのガソリン確認の後、プラグを確認したところ、かぶりが発覚し、2本を交換後、天に祈る気持ちで、何とか無事エンジンが始動しました! しかし、アイドリングが低く、相変わらずエンジンの不調のまま、何とか自宅まで無事に辿り着く事が出来ました。走行途中で、エンストしたらエンジンの再始動が不可能ではないかと思い、とても緊張しながら走行しました。案の定、自宅に到着後は、またエンジンが掛からず、プラグが2本共真っ黒にかぶっており、再度プラグを交換して、ガレージに無事収まりました。最近キャブレターからのガソリンの漏れが多く、燃費も極端に悪化しており気になっていました。
翌日と翌々日もキャブレターの油面調整、アイドルミクスチャーの調整等を行いましたが、日に日に状況が悪化し、エンジンがバラツキ、アイドリングも確保出来なくなり、自走を断念。本日が仕事始めであった、主治医のガレージmmに車載にて修理入場した次第です。ガレーキmmでの今年初めての車載入場となってしましました。
最後に、品川区大崎から横浜市青葉区の自宅までの長距離を、絶不調ながら、頑張って自宅まで無事に送り届けてくれた丸餅(FIAT500L改)にとても感謝する次第です!
尚、この文章を書ている最中、主治医のガレージmmから直った連絡」を頂きました!明日引き取りに行って来ます!
宮内社長、いつも誠に有難う御座います!!


プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.