趣味の総合サイト ホビダス

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03122のコピー.jpg

台風の準備として、丸餅(FIAT500改)のエンジンルームに、スーパーのビニール袋にて防水の雨対策を施しました。
本日も、終日雨であったため、丸餅(FIAT500改)に代わりW124にて出掛けました。
尚、連日の雨の影響で、梅雨時期と同様、エンジンを始動して走行後約5~10分前後から、エンジンがバラつき、何気筒か失火したような不整脈の症状が発生しました。雨が続くと湿気で電気系統に悪影響を及ぼすようで、ギアをニュートラルにして、約3000r.p.m.まで一度エンジンを回すと完治します。その他、機関は相変わらず好調でした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03116のコピー.jpg

今週末は、終日雨であったため、丸餅(FIAT500改)に代わりW124にて出掛けました。
機関は相変わらず好調でした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03107のコピー.jpg


27℃まで上がった本日は、丸餅(FIAT500)にて走行しました。最初のエンジン始動は、チョークノブを約1/2引いて2回目のトライにて掛かりましたが、チョークブを戻しながら、アクセルとの切り替えに時に失敗してエンジンがストール。その後ノーチョークにてクランキングしながらアクセルを踏み込む方法にて、エンジンが掛かりそうな時にアクセルを蹴り飛ばすように何回もバタバタと踏み込む方法にて、辛うじて始動出来ました。本日の走行は57.0km、アイドリングは900~1,200r.p.m.前後。給油は5.32l、燃費は10.71km/lでした。油温は110℃前後まで上昇しました。本日も機関は相変わらず絶好調でした!
最後に、昔から走行中にフロント部分から、走行中、振動による「シャカシャカ」という異音があり、中々原因が究明出来ませんでした。走行時の速度、エンジン回転数に関係なく、一定の異音が発生し、走行時に、ギアをニュートラルにしても、エンジン回転数が約1,500r.pm..前後で収束する現象でした。
結局、後付けの燃料電磁ポンプのフューエル・ホースとボディとの干渉音と判明し、スポンジの干渉のためのテープを装着してやっと完治しました!


プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.