趣味の総合サイト ホビダス

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02403のコピー.jpg

昨日は、多忙だったため、エンジン始動の心配の要らないW124にて出掛けました。
走行34.6km、給油7.49l、燃費は4.61km/lでした。最近ラジエターの警告燈が薄く点灯するようになりましたが、クーラント量は全く問題無く、今までクーラントが規定量よりも減っていた時には警告灯は点灯しなかったので、とても微笑ましく思います。
本日丸餅(FIAT500)は、40.2km走行しました。
朝のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いてクランキングを2回トライしても掛からず、その後約3回ノーチョークにてクランキングしても一向に掛かる気配が無く、4回目のトライあたりからやっと掛かりそうになった時点でアクセル煽る方法にてトータル6回目にてやっと始動が叶いました。エンジンさえ掛かれば、相変わらず機関は快調でした!
尚、走行中に現行のアバルト595が追いかけて来て、横に並び、シグナルグランプリにて丸餅(FIAT500)を追い越した直後、前に割り込んで来ました。ライバル心剥き出しの行動にとても寂しい気分になりました。年代、排気量、性能が違うのに...。きっと同じアバルトとして意識してくれたのだとポジティブに解釈し、納得したいと思います。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02368のコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、今週末83.9km走行しました。
昨日の朝のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いてクランキングを2回トライしても掛からず、約2/3の引きしろでも始動せず、その後約5回ノーチョークにてクランキング中にアクセル煽る方法、クランキングだけでも一向に始動出来ませんでした。結局プラグのかぶりと判断し、急遽W124にて出掛けました。約1時間後に再度ノーチョークにてトライしましたが、断念してかぶって真黒に煤けていたプラグ2本を新品に交換して、ノーチョークプラスアクセルを煽る方法にて約5回目のトライにて無事始動しました。チョークノブを引いた始動方法は本来2回までが限界で、それ以降はプラグがかぶる危険性が高くなります。昨日は、気温に対してチョークノブの引きしろが多すぎたことが要因でプラグをかぶらせたと思われます。今後もっと緊張してチョークノブのひきしろの精度を高めないと、交換したばかりの新品プラグを毎回捨てることになってしまいます...。
また、ウェーバー40DCOEの一番シリンダー側のアイドルミクスチャーのみ、2番シリンダーに対しスクリューの開度をプラス0.5回転→0回転→0.75回転→0.25回転とテスト走行した結果、プラス0.75回転が最もパワーと加速が良く感じられましたが、やはりアイドリングが確保出来ず、結局不整脈ながらアイドリング確保可能なプラス0.5回転に落ち着きました。
それでも、エンジンは軽々しく鋭く吹け上がり、絶好調なフィーリングでした。
尚、本日のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いて2回目に始動するも、アクセルとの引継ぎに失敗し、ストール。その後ノーチョークにてクランキングプラスアクセルを煽る方法にて約3回目に始動しました。
両日のトータル給油9.77l、平均燃費は8.58km/lでした。

「モデル・カーズNo.251」が25日に発売されました。

| Category:

DSC02382のコピー.jpg

「モデル・カーズNo.251」が25日に発売されました(通常は26日発売)。
連載記事「丸餅博士のヴィンテージ・ミニカー天国」では、マーキュリー No.4-2 アルファ・ロメオ・ジュリアTIの記事とイラストを掲載しています。
是非ご覧ください!

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.