趣味の総合サイト ホビダス

プレジ1.jpg

フランス・ディンキーNo.1435シトロエンの大統領車です。当時我が国にも輸入されたミニカーです。確か2,700円だったと思います。今から約30数年前としては大変高価なミニカーで輸入量も限られていたと思います。資料によると1970~1971年の短期間に限定生産されたミニカーです。フランスで絶版後早々にプレミアムが付き、日本での販売品(絶版価格も含め)を、コレクターやバイヤーが探しに来てフランスに持ちかえった話しを聞いた覚えがあります。

プレジ2.jpg

フロント・バンパーの端には国旗装着用の穴が左右に開いていますが、写真のとおり1本がオリジナルです。エンブレムと国旗は紙製なため保存には注意が必要で、特にエンブレムは剥がれて紛失しやすいので注意が必要です。単5電池にて室内が点灯し、シートは植毛されていました。後席のキャビネットの蓋が開閉します。フランス・ディンキーの最後の傑作と評価されているレアなミニカーです。

チェリカフェニックスNo.19シトロエンDS19カブリオレ

| Category:

ds.jpg

ミクロペット・チェリカフェニックスNo.19シトロエンDS19カブリオレです。資料によると昭和37年9月に発売された日本製ミニカーです。写真のミニカーは初期モデルでやや大きめなホィールにグレーのゴムタイヤを履いています。また、ステアリングも実車の一本スポーク・タイプではなく、やや大径な通常のデザインでアンチモニー製の型抜きされていないディッシュ・タイプです。とても面白い雰囲気です。後期タイプはビニール系の通常のステアリングになりました。このミニカーは残念ながらフロント・バンパー下部のスカート部分が省略されているため、バンパーから下がカットされたように見えてしまいます。大味ながらボディのデティールがよく纏まっているだけに、とても残念です。ホワイト・グレーのボディ・カラーにピンクのシート、更にグレーのタイヤとの色合いが絶品です。

Minialuxe 1/32 シトロエンDS19、DS23

| Category:

minialuxe.jpg

ミニオール製のシトロエンDS19とDS23です。1/32スケールでやや大きめですが、プラスティック製のミニカー独特の透明感とソフトな感じがとても魅力的だと思います。DS19の方は右Aピラー付近のアンテナが欠けています。材質からくる微妙な変形具合もこのミニカーの魅力と解釈するべきでしょう。

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.