趣味の総合サイト ホビダス

Minialuxe 1/32 プジョー403

| Category:

02070024-0001.jpg

フランスのミニオール製プジョー403です。資料によると1959年から製造されたようです。このミニカーは同社の1/43スケールと共に製造されたうちの、やや大きめな1/32スケールの方です。
同社の特長であるプラスティック製ボディですが、同社の1/43スケールのミニカーと違い、シャーシーはティンプレート製です。右フロントのAピラー付近から生えるアンテナが欠品しています。
プラスティックの材質上の問題からか、ご覧の通りルーフがボコボコに変形してしまっています!
ミニオール独特のややユルメなデティール、フロントマスクの表情等が逆に良い味わいを醸し出しています。

テクノ No.719 モーリス・オックスフォード

| Category:

02070025-0001.jpg

更新をご無沙汰しており申し訳ありませんでした。付きっきりだった「ミニチュアカーフェアー2005」が好評裏に終了したので、会期中更新出来なかったブログを再開します。
今回も、とても渋い英国車のセダンです。このミニカーはデンマークのテクノ製で1955年から製造されたモデルです。
決して自慢ではありませんが、ミント・ボックスも所有していますが今回は、あえてこの遣れたミニカーの方をご紹介します。
右ヘッドライトが欠品だったので自分でリプロしたヘッドライトを装着しました。型取りしたパーツが同社の他のモデルだったため、微妙に形状が揃っていない部分はご愛嬌です。
ラジエター・グリルがブリキ製なため良い感じに錆びているところも気に入っています。
ミントとは正反対な状態ですが、ダイキャスト製ミニカーだからこそ表現できる、キズによる塗装の剥げた部分が逆に良い味に感じられます。

テクノ製No.805フォルクス・ワーゲン

| Category:

02070052-0001.jpg

個人的にはオーバル・ウィンドゥのワーゲン・タイプ1が好きです。
C.I.J.製VWと同等に気に入っているのが、このテクノ製No.805フォルクス・ワーゲンです。
やや小ぶりですが、VWの丸みを見事に表現しています。
このミニカーは1955年から生産されたようですが、我が国には正規輸入されずに絶版になりました。
VWタイプ1のミニカーの中でも傑作の1台であり入手困難な1台です。
個人的には適度な遣れ加減が気に入っています。
それでは「ミニチュアカーフェア2005」でお会いしましょう!

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.