趣味の総合サイト ホビダス

ダイヤペット トヨペット・クラウン・シルバーメッキ

| Category:

02070020-0001.jpg

No.324 トヨペット・クラウン・シルバーメッキ 1/40スケール 1972年8月発売。

No.263前期型のメッキバージョンです。

この手のメッキ仕様は、生産台数が極端に少なく、いざ探そうとすると大変苦労する種類のコレクター泣

かせのミニカーです。

このミニカーは最近有名ミニカーショップにて絶版価格にて購入したものです。同ミニカーは発売当時新

車で購入したのですが、事情があって今から約20年くらい昔に手放してしまったミニカーでした。偶然に

もショップで見かけ再購入しました。もしかしたら、偶然にも当時私が持っていた、そのモノのような気が

しています。その理由は、フロント・グリルのメッキムラ(メッキの剥げたキズ)に見覚えがあったからで

す。100%断言は出来ませんが、私はきっとこのミニカーが自分の手元に戻って来てくれたものと喜んで

います。

このミニカーは、スピンドル・シェイプのクラウンを見事に表現している名作だと思います。クラウンらしい

風格も良く表現できていると思います。但し、リア・バンパーの厚み(高さ)が少々足りずにバランスを崩

している点が残念です。個人的には、当時のダイヤッペットのこのアルミ製引きモノの初期ホィールが気

に入っています。

また、子供の頃からメッキ仕様には特に目がなく、どうしても気になってしまう理由は未だに自分でもよく

分かりません。

ダイヤペットのS30 Z432です

| Category:

02070019-0001.jpg

ダイヤペット No.197 日産フェアレディZ432。1/40スケール 

1970年12月発売。初期のホィール仕様(アルミ製引きもの

ホィールに神戸製鋼製マグネシウム・ホィールを模したダイ

キャスト製のキャップ付き)です。中期、後期に更新されるごと

にプラスティックを多用し、簡素化されてしまい、雰囲気より

コストダウンと走行性能が重要視され、個人的には魅力が

スポイルされてしまったと思います。

このミニカーも約35年間生きてきた証として年式相応に遣れて

います。

この時代のダイヤペットは、このZのようにプラスティックではなく、

ダイキャスト製のバンパーにメッキをかけた造りの仕様が好きです。

これは生産工場によって分かれますが…

現在ミニカーの新品当時には味わえなかった経年変化という演出

を楽しんでいます。

ダイヤペット 230型セドリックです

| Category:

02070070.jpg

ダイヤペット No.269 日産セドリック・スーパーデラックス 1/40スケール。

1971年10月発売のミニカーです。

こちらも年式相応にややくたびれたミニカーです。

右後輪のホィールキャップが欠落していたので、同No.145 日産セドリック・カスタム6

用のアンチモニー製ホィールキャップを装着しています。

全体の雰囲気が気に入っているミニカーです。

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.