趣味の総合サイト ホビダス

ソリド No.194メルセデス・ベンツ300

| Category:

10070021-0001.jpg

資料によると1956年から1959年まで製造されたとあります。恐らくベースは300bであると思われます。ラジエター・グリルの上部にはスリーポインテッドスターのマスコットを装着すべき極小さな穴が空いていますが、穴の無いミニカーもあります。マスコットとしての別パーツが欠品なのかは不明です。

10070022-0001.jpg

このミニカーはオリジナル・ペイントですが、前オーナーが一部シルバーの筆指しをしていたので、その部分のみオリジナルの吹き付け塗装に戻すべく補修しました。このミニカーは実車の風格を良く表現した傑作だと思います。尚、当時のこのシリーズは同社のNo.100からスタートした1/43のコレクションシリーズの前身であり、スケールもやや大きめな1/40のようです。また、シャーシがビス止めにてゼンマイ走行の仕様と写真のミニカーのようにシート付きのコレクション仕様に換装できました。残念ながら我が国には未輸入の絶版ミニカーです。

テクノ No.440 フォード・マーキュリー・セダン

| Category:

10070001-0001.jpg

以前紹介したNo.429ポリスカーのヴァリエーションです。資料によると1949年から1955年まで製造されたミニカーのようです。約十数年前に絶版専門店から現状渡しの状態で購入したミニカーです。勿論海外から仕入れてきた絶版ミニカーです。フロントのタイヤが不釣り合いなタイヤで補修されていたので、オリジナルと掛け離れますが雰囲気を保つうえで現在のホィールとタイヤに交換しました。実はホィールはモデルペットのアンチモニー製ボディに履いていたものに、タイヤは英国ディンキー製の白タイヤをチョイスして換装しました。オリジナル性よりも、このミニカーの持つ雰囲気を尊重するようにと補修しました。製造後50年以上生きてきた証としてのボディのキズを味わいながら楽しんでいます。

ダイヤペットNo.327 日産スカイラインHT2000GT-Rシルバーメッキ

| Category:

10070027-0001.jpg

現在発売中のモデルカーズ「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」に詳細を説明してあります。

10070028-0001.jpg

是非ご覧下さい。

10070029-0001.jpg

実は学生時代から結婚するまでハコスカHT2000GT改(KGC10)に乗っていました。じつは中学生の頃から憧れたクルマ(本当はGTR)でした。私の始めてのクルマだったこともあって、とても大切なミニカーです。メッキとういところも大変そそられています。このミニカーは現代の目で見ると精巧さ、リアルさの点では劣っていますが、暖かい温もりが感じられる点では勝っていると思います。

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.