趣味の総合サイト ホビダス

ディンキートーイNo.131キャデラック・エルドラド

| Category:

02070069-0001.jpg

英国製ディンキーのキャデラックです。資料によると1956年から1964年まで生産されたミニカーです。実車が大きいため、恐らく1/43より小さいスケールだと思われます。その割にはタイヤと人形がボディに対して大きくバランスを失って見えます。キャデラックとしては、やや迫力に欠けるミニカーです。ボディカラーがイメージに合わず、また豪華で派手な煌びやかな部分が無く寂しい出来です。ボンネットのキャデラックのエンブレムも再現して欲しかった部分です。車幅が狭い割に全長が長いためイメージ的にも損をしているようです。しかし良く観察するとフロントグリル等は実車の特長をよく捉え、彫りも深いので、全体の印象から損をしているミニカーです。私は、ふた味くらい足りない腹八部のような出来具合の、キャデラックらしからぬ、押し出しの弱いこのディンキー製のキャデラックを気に入っています。

コーギー Magic Roundabout

| Category:

02070041-0001.jpg

資料が無く詳細は不明ですが、子供向けTV番組のキャラクターを乗せたミニカーだと想像されます。
ベースのミニカーは同社のツールド・フランスのシトロエンDSのピックアップ・トラックがベースです。
しかし、専用のネームの彫られたシャーシーと専用の花をあしらったホィールを装着しています。また、ベ-スのミニカーは、ヘッド・ライトがクリアーレンズの別パーツで構成されていたものが、このミニカーはダィキャストのボディと一体成型に埋められ、シルバーペイントで表現されています。シトロエンのミニカーとしても珍品の部類ですが、キャラクターのとぼけた表情と派手な変貌ぶりを含めた明るい雰囲気が微笑ましく気に入っているミニカーです。私の記憶では正式に輸入されなかったミニカーだったと記憶しています。残念ながら箱が欠品なこととフロントのナンバーのシールが剥がれています。このミニカーは絶版専門店にて約20年以上昔に購入しました。当時でも結構なプレミアム付きだったと記憶します。

丸餅(フィアット500)1/1スケール

| Category:

09040011-0001.jpg

今回は私のコレクションから1/1スケールの丸餅(フィアット500)を紹介しましょう。詳しくは毎月のカーマガジン旧車長期レポート、同ブログをご参照願います。今日は久々に小ドライブをしてきました。午後3時頃から時折雨が降り始め、まだ小雨の内に帰宅しました。

09040014-0001.jpg

丸餅(フィアット500)の後ろ姿です。1/1スケールのため眺めるだけでなく、実際に本物のクルマとして走行可能なところが自慢です。

09040010-0001.jpg

丸餅オリジナルのメーターナセルです。一見アバルトタイプに準じていますが、全くの丸餅オリジナル仕様です。今日の気温で油温は約100度前後でした。チューニングしているので大容量のオイルパン、リア・エンジンフード開口、オイルクーラー装着上での温度です。
私のミニカー・コレクションの一員ですのでこれからもたびたび登場の予定です。どうぞ宜しく!

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.