趣味の総合サイト ホビダス

渋いC.I.J.製ルノー4CVをご紹介します

| Category:

02070011-0001.jpg

C.I.J. 3-48 ルノー4CVファーストタイプです。程度は悪いのですがオリジナル塗装です。

この他に、ダイキャストスト製ホィール仕様、ゼンマイ駆動仕様等のヴァリエーションが存在します。

ご覧の通りフロントのグリルが6本ひげがファーストタイプの大きな特長です。

セカンドモデルは3本ひげでシャーシーの止め方も通常のカシメになり、ファーストタイプのブリキ製シャー

シーで前後バンパーを折り曲げて止める合理的な止め方と大きく変わりました。

さすがフランス本国の作品だけあってルノー4CVの魅力を十分表現しています。

ヴィンテージミニカーの中では同社製モデルの右に出るものは無いと思います。

かのフランス・ディンキー製が登場しなかったこともうなずける出来映えです…

これは何のエンジンでしょうか?

| Category:

02070043.jpg

この写真で何のエンジンかを当てた人は相当な方だと思います。

答えは、1963年3月発売の大盛屋ミクロペット チェリカフェニックス・シリーズ No.26 トヨペット・クラウン

1/40スケール 1963年式のファーストタイプに搭載されていたエンジンです。

エンジンだけをこのような形で鑑賞する機会は、なかなか無いと思います。

ちなみにエンジンは勿論アンチモニー製です。

私の代では一切手を加えていません。

約27年前の大学2年の頃目黒区自由が丘の玩具店でバイトしていた時、よく遊びに来ていた小学生に

古いミニカーを持っていないなかと尋ねたところ(我が国では、意外と親戚のお兄さんから古いおもちゃを

受け継ぐ文化があるため)ボロボロであったものの、このミニカーを持って来てくれました。ボンネットと屋

根が欠品だったので、このエンジンを残し、新調したボンネットと共にパレード用のクラウンのオープンカ

ーとしてボディーをフルレストアし、その後コレクターの元に嫁いで行ったため、このエンジンだけ手元に

残っています。

ダイヤペット コレクションクラブ改 ホンダS600

| Category:

02070017.jpg

ダイヤペット コレクションクラブ No.334-01858 ホンダS600のラジエターグリルとホィール&タイヤをJ43

ブランドのS600クーペのパーツから移植してモデファイしたS600です。

1/43スケールにてプロポーションも良いため大変気に入っています。

オリジナル性よりも、自分にとっての究極のS600のミニカーをアレンジしてみました。

プロフィール

丸餅博士(ロドリゲス・アミーゴ・マルモチ)門内文明

約40年間に及ぶミニカー・コレクションにて培ったミニカーに対する独自の審美眼の持ち主。ミニカーと愛車フィアット500の啓蒙も合わせて自からの使命と課し、『モデル・カーズ』誌にて「古典ダイキャスト・ミニカー博物館」、『カー・マガジン』誌にて「Our Own Cars(旧車長期レポート)」を毎月好評執筆中。その他のオモチャ、モノ等にも自分流のポリシーにてコダワル趣味人。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.