趣味の総合サイト ホビダス
 

2005年5月アーカイブ

endou.jpg
エンラクです。5月28/29日、大阪で開催されたホットウィール・カスタムショーに行って参りました。
その模様は6月26日発売のモデル・カーズ111号で・・・・・・と言いたいところですが、
まずは速報として、ダイジェスト的に紹介させていただきます。

28日のチャリティ・ディナーショー会場は豪華ホテルのハイアット・リージェンシー大阪。
バイキング式のお料理も美味しゅうございました。

ディナーショー時に開催されたチャリティ・オークションは流石に凄い盛り上がり。
目玉はこのコード3VW BUS。イベントスタッフ向けに12台だけ製作されたモデルで、落札金額は・・・・・・秘密!

米国マテル社から来日したゲストはHWのグラフィックを担当するデザイナーの一人、MiQ(マイク・ウィルモット)氏。
ヤバイ雰囲気を漂わせていますが、インタビューしてみると凄く真面目な話ぶりが印象的でした。
HWを自動車として以上にカルチャーとして捉えており、そこを強調するために今回フィギュア等のデザインをしたということです。
ちなみに一緒に来日した奥様も同じマテル社の社員で、
マッチボックス・スーパーファースト・シリーズのデザインを担当しているそうです。

そのMiQ氏がデザインしたフィギュア。
噂では巨大だと聞いてましたが、現物は意外に小さくて良い感じ。
日本で流行中のディフォルメ・フィギュアと並んでも違和感ないかも。
靴等はダイキャスト製で、ちゃんと足の裏にHWの刻印が入ってます!
このほか、会場限定モデルも勿論ありましたよ!

カスタムコンテストは今回も凄いモデルが集まりました。
写真は今回新設のバイク・カテゴリー。

このほか、マテル・インターナショナルさんによる新製品展示や全国のHWショップさんの出店もあって大盛況でした。近々次回カスタムショーの発表もあるようなので、今回行けなかった・・・・・・というホットウィール・ファンの方もお楽しみに!

ダ、ダ、ダ、ダイエット!

| Category:

hata.jpgこんにちは、“モデルカーズ編集部のつぶれ甘食”こと石ノ森です。
ところで、スタッフ4人の似顔絵を描いたのは編集長ナガウオなのですが、私のだけ
顔色が悪いのは、ナガウオいわく「徹夜明けの不健康さを表した」との事です。
確かにここ最近ひどく疲れやすいし、肥満が気になるなど、あまり健康的な生活を
送っていません。そこで、なるべく生活から不健康な要素を取り除き、あわよくばダ
イエットもしようと考えた訳です。
具体的には、「カップ麺などジャンクフードを控える」「徹夜の残業はあまりしない
(起きている時間が長いと食事量も増える)」「なるべく野菜(ジュース)を摂る」
などの他、腹筋運動を習慣にする、などの涙ぐましい努力を、今月より始めました。
数ヶ月経ったときに成果が出ていれば良いですが……。

静岡ホビーショー番外伝

| Category:

komatsu.jpg静岡ホビーショー、一般公開日はナガウオ編集長と私、とど松の2人で行ってきました。
今回はモデル・カーズ編集部としての出展はできませんでしたが、実は「夕凪友の会」さんのテーブルに、とど松製作のZMダンプ、ダイナ、ギガを並べさせて戴き、こっそりと参加してました。気付いた方いましたでしょうか? 次回はちゃんと編集部でテーブル借りたいと思っていますが、どうなることやら…。
ちなみに、投稿コーナーで「今回のホビーショーで気になったアイテム」の話題を募集していますので、そちらもチェックして下さいね。個人的にはやっぱり、チキチキれーしんぐかなぁ…。
ZM.jpg

ゴチャゴチャした机

endou.jpg

こんにちは。エンラク(a.k.a.矮鶏)です。もしかしたら、はじめましての方もいらっしゃるかも知れませんね。
いきなりでナンですが、私は身の回りの整理が下手です。

だから、●●が載ってる雑誌探して~なんて頼まれた場合、それはもう大変です。
どこに置いたかは何となく覚えているのですが、イザ探してみると違う引き出しにあったり、甚だしい場合は自宅にあったり。長時間探していてあんまり見つからないと、部屋ごと火炎放射器で焼き払いたくなる衝動にも駆られます。

とりあえず、「いくら持っててもスグに出せなければ、それは持ってないのと同じ」という事を忘れないようにしなくては。

会社の机.jpg

静岡ホビーショーへ行ってきました!

| Category:

去る5月12日(木)〜15日(日)、静岡のツインメッセで開催された「第44回 静岡ホビーショー」に、
我々モデルカーズ編集部も取材のため、業者日と一般公開日に行って参りました。
毎年恒例のこのホビーショーは、今や世界中の模型業者からも注目される
"見本市のひとつ"といっても良いでしょう。
また、各社より発表される完成品モデルやプラモデルなどの新製品には、各社それぞれのカラーが現われ、訪れる者をワクワクさせる魅力的なイベントともいえるでしょう。
ここでは、静岡ホビーショーの一部を、モデルカーズ的視点でダイジェストにご紹介します!


早速、ホビーショー会場へ入りましょう。今年も盛況ですね。


左から、エブロ、京商、タミヤのブース。
エブロでは、同社初の1/12スケール"スバル360"をはじめ、JGTCモデルや人気のグループCカーなどの
1/43ダイキャスト・モデルを発表。実車のスバル360も展示されていました。
京商は、1/12エンツォ・フェラーリや1/43の512BBのダイキャスト・モデルを展示するほか、1/18ではR32 GT-Rのモックアップを披露。
タミヤは、1/24プラモデル"R34 GT-Rニスモ仕様"などを発表。ちなみに、今回は展示されていなかったけど、現在開発中の"ポルシェ911ターボ"は今秋にも発売になるかも。


左から、ハセガワ、フジミのブース。
ハセガワは、1/24プラモデル"フェアレディ240ZG"のボックスアートとパーツの展開図を展示。
フジミからは、注目の1/24プラモデル"サバンナRX-3"のテストショット・ボディがお披露目。
前期型と後期型の両方が製品化される予定とのこと。また、同社のブースでは、実車の後期型が展示されていました。


左から、バンダイのブース、トミーテックの新製品、マイクロエースのブース。
バンダイでは、スーパーGTに同社のスポンサードで参戦するバンダイスープラを展示。
トミーテックは、いよいよ発売が近づいたザ・トラックコレクションの他、トミカリミテッド・ヴィンテージ等が
披露されました。
マイクロエースは、かつてのLS製キットを復活させた1/20オーナーズクラブ・シリーズを発表。

静岡ホビーショー取材の際、必ずといってよいほど利用するレストラン「駿河」。
さすが静岡。鰻や桜海老のかき揚げなどが食べられるのも嬉しいよね〜。
ちなみに同行したカメラマンH氏は、うな重を美味しそうに頬張っていました。
こういう楽しみもないとねぇ……といった感じで、ホビーショー会場の一部をリポートしてみました。
もっと詳しく知りたい方は、5月26日発売の「モデルカーズ誌 110号(7月号)」
お手に取ってご覧ください!

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.