趣味の総合サイト ホビダス
 

モデルオート・スワップミートが開催されました。

endou.jpg
お疲れ様です。エンラクです。
発売中の本誌111号にも掲載されておりますが、さる6月12日に開催された第9回モデルオート・スワップミートに行って参りました。
このイベントは自動車関係のトイに限定されたスワップミート(即売会)で、出品者は個人のコレクターさんの集まりだったり、ショップさんだったりと様々です。出品アイテムはミニカーが多いですが、プラモデルや1/43のキット類も散見しました。私がグータラしていたため、もう2週間も経ってしまいました(すみませんでした)が、会場の模様をお伝えしたいと思います。

  
会場は東京・有明のTFTホール9F会議室。ビッグサイトのすぐ近くです。
車でも行きやすいですが、最近は電車の便も良くなりました。
会場に入るとすぐ、主催のガイズ・コーポレーションさんがブースを構えており、余興として入場券の番号を使った抽選会やミニオークションも開催しておりました。写真右はオークション出品モデル。トミカダンディのスカイラインやミニチャンプスの1/18フェラーリF1(シューマッハコレクション)等、今では意外に捜し辛いモデル達ですね。

 
写真はミニカーショップ・コジマさんのブース。老舗だけに、アンティーク的なアイテムも多いです。
写真左は極めて希少なサクラ1/43『マニアシリーズ』のフェラーリ365BB。アンチモニー製です。
右は名作の誉れ高いマルイ製プラモデル。デ・トマソ・パンテーラ。

 
写真左は今年オープン20周年を迎える名古屋のショップ、ゼロクラフトさんのブースより、ピンコ製1/43ピアジオ・ポーターのレジン製ミニカー。この車、名前はポーターなのにダイハツ・ハイゼットのイタリア生産版なんですよね。右はゼロクラフトと姉妹店となるアイアイアド・カンパニーさんのブースで見かけた、東京プラモと三和の初代スカイライン。文化財級プラモデルです。

 
趣味が嵩じてネットショップを始めてしまったというMBHさん。
メルセデス・ベンツの1/43ミニカーが中心で、ミニチャンプスを筆頭とする近年のモデルの充実ぶりが凄いです。貴重な実車カタログも置かれていました。

 
モデルオート・エンワさんのブースでは絶版ミニチャンプスが充実。
ドイツ車に強いお店ですが、なつかしのジョエフ製フェラーリ等もありましたよ。

 
ホットウィールも新登場の『クラシックス』と『アクセレレーサーズ(日本未発売)』シリーズを中心に人気を集めていました。
写真左はイベント等で中心に活動するSTYLE 14さんのブース。
右はMOONさんが持ち込んだ1973年のサイドライン"Revvers"シリーズ。激レア!


絶版トミカはもちろんコレクションの王道。
写真のプルメリア堂さんは'70年代の刑事ドラマがお好きということで、そのテの車種が多かったですね。

 
古くからのミニカー・コレクターにはお馴染みのクラブ、JMACの静岡支部が出品。新旧さまざまなミニカーが販売されていました。
写真左は'50年代のマッチボックス、右は'80年代コーギーのギフトセット。

今回はちょっと古めのモデルを多めにチョイスして掲載しましたが、もちろん最近のエブロ等に重点を置いている出品者の方も多く、多種多様なモデルが所狭しと並んでおりました。
自動車トイだけのショーというのはあまり多くないので、興味のある方は一度足を運んでみては如何でしょうか。
次回開催は11月頃、会場は今回と同じとのことです。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.