趣味の総合サイト ホビダス
 

2005年9月アーカイブ

デスクトップ・ガレージ始動!

endou.jpg

お疲れ様です。エンラクです。
最近すっかりご無沙汰で申し訳ありません。でも別に遊んでたわけではありませんよ?
と自らボロを出してみたりして。

さて、姉妹誌カー・マガジン編集部のキャル吉先生がアメリカン・キット関連のブログを立ち上げたので、ここでご紹介しようと思います。

題してデスクトップ・ガレージ
かつてカー・マガジン上で連載されていたコラムがwebで本格始動です。

本誌104号(トランペッターのシェビーIIと'60ポンティアック)でもご覧いただいたように、キャル吉先生の腕は天下一品なので、アメリカ車に限らずプラモデルに興味のある方、逆にプラモデルからは遠ざかってるけどアメリカ車が好きな方、ぜひともご覧くださいね。

ちなみに画像は最近キャル吉先生に『あるキット』とトレードしていただいた'74グレムリン。
リーバイス内装に作れる(たぶん自分で塗れってことなのでしょうが)素敵な一台でした。
フードスクープに全く不釣合いな5マイルバンパーも逆に魅力的。
皆さん、AMCは良いですよ~!

おいしい餃子

| Category:

hata.jpg
ずいぶんご無沙汰の石ノ森です。
なんとなく思い出した話。
私は以前スーパーに勤めていたのですが、ある日、精肉売り場で試食販売員のおじさん(こういう人を“マネキン”と言います)が餃子を売っていました。鉄板で餃子をジュージュー焼いてお客さんに勧めてた訳です。で、この餃子がすごく美味しそうな匂いを振り撒いていて、私は大層気になりました。そこで、おじさんに「この餃子は美味しそうですね」と話し掛けたのですが、おじさん曰く、「ああ、ゴマ油で焼いてるだけだよ。こうするとウマそうな匂いがして、結構騙せるんだ」と、そっけない答。そういう事らしいですよ、奥さん。

モデルカーズからのお知らせです!

| Category: | コメント(2)

baba.jpgこんばんは、B・Bです。今日は新しいコンテンツをご紹介します! まず1つ目は、ホビーショー・レポートで既にご存知とは思いますが、「モデルカーズ・ホットライン」という情報サイトを立ち上げました。今後も様々な情報をアップしていきますので、他のコンテンツ共々ご贔屓に! さらに同サイトでは不定期ですが、スタッフから「闇鍋プレゼント」と称した素敵!? なプレゼントもアップしていきますので、小まめにチェックしてみてください。
続いて2つ目のコンテンツは、「WEB限定プレゼント」。応募の入り口はモデルカーズのトップページ“Special”に設けました。こちらも素敵な賞品をご用意してお待ちしておりますので、ドシドシご応募くださいませ! で、この2つのコンテンツをスタートするにあたり、誠に勝手ながら今まで展開して参りました「読者の投稿コーナー」のプレゼントを、今月末を以って打ち切らせていただくこととなりました。申し訳ございません。しかし! 皆さんからの作品投稿は今まで通り随時受け付けておりますので、こちらも奮ってご応募頂きたいと思います! (プレゼントの発想はもうしばらくお待ちください!)


ちなみに写真は秋刀魚を七輪で焼いているところ。自宅近所の串焼屋さんにて。脂がのっててめちゃくちゃ旨かったです!

1/1SCALE

| コメント(2)

imai.jpgこのコーナーはモデル・カーズ・スタッフの個人所有車の話題をご紹介するページです……
なんてフレーズで毎度お馴染み本誌の局部的人気コーナー、1/1 SCALE。
クルマを持っていない私ですが、本誌の発売日に合わせ
このブログで勝手に参戦しています。

こんにちは。秋まで生き抜いた蚊に刺されると治りが遅いタイ米です。

DSCN1095-2.jpg

【JAGUAR?】

前回、ハリケーンに巻き込まれたかのように忽然と消えてしまったバイク。
あわや連載終了か?と噂されていましたが、首の皮一枚なんとか持ち堪えております。
さて今回ご紹介するのは、超低燃費のエコカーです。
東京に移り住んで、初めての大きな買い物がこいつでした。
自転車を買う予定ではなかったのですが、“緑が好き”という単純な理由から一目惚れし
出会いは一期一会とばかり、その場で乗って帰りました。

ただ一つ問題がありまして、置き場所に困っているんです。
室内は物理的に難しく、駐輪場もないためマンションの前の歩道に置いています。
そこは極稀にですが撤去されてしまうことがあり、何より幹線道路に囲まれているため
汚れが酷いのです。困ります。


撤去といえば、以前同じようにバイクを駐車していたときのこと。
いつものようにバイクに跨るとハンドルに見慣れぬ黄色の札が…。
駐禁です。バイクでも駐禁です。。
駐禁区域だとは知っていたのですが、駐輪場がなく歩道も広い場所なので
ほぼ黙認されていたはずなのに…。
愕然として目を泳がせている時、どこかに違和感を感じて視線が通った道を折り返すと
他のバイクには黄色の札が付いていないことに気が付きました。
どうなってるの!?と交番でお巡りさんに詰め寄ると

「”なにわ”ナンバーだから住民が通報してきたんだよ」

と口を滑らせました。
どうやら取り締りの予定はなかったが、東京のナンバーではなかった私のバイクが邪魔だと
通報が入ったためにピンポイントで取り締ったようです。
私に何も言わずにいきなり警察に通報するという、慣れない土地での作法に
寂しさがこみ上げてきました。
へこんでいてもしょうがないし早く切り替えて駐車場所を変えようと、
離れてもいいから駐車禁止でない場所をお巡りさんに尋ねました。
すると調べもせず、「知らない」と一蹴されました。

馬鹿げてます。駐車禁止区域を知らない人が取り締まりをしているなんて。
この時ばかりは東京での生活に不安を感じました。

しかし初っ端に嫌な体験をしたことによって、その後は強く生きていこうという決意も生まれました。
それ以上悪い出来事は今のところ起こっていませんし、
今では新たな友人にも恵まれ幸せに過ごしています。
なので父さん母さん、心配しないでください。今年もボジョレー・ヌーボー送ってください。

モデラーズフリマ

| コメント(0)

imai.jpgこんばんは。雨の日は微妙に膨らむタイ米です。
今日は「モデラーズフリマ in TOKYO 2005」を潜入捜査してきました。


「モデラーズフリマ」とは、個人出展のブースや業者のブースが入り乱れて形作る幻の巨大模型店のようなもの。
欲しかった模型をフリーマーケットならではのお買い得特価で手に入れる宝捜し気分を味わうことが出来る一方で、貴重な情報交換の場でもあります。
今年2月に静岡で開催され好評を博し、東京でも是非!
という運びとなった血沸き肉躍るイベントなのです。
場所は先日もホビーショーで訪れたばかりで、
いささか食傷気味!?の「東京ビッグサイト」。

ビッグサイトのある国際展示場駅を降りると外は雨降り。
でもそんな空模様とは裏腹に会場に向かう人々は
楽しげな顔でいっぱいです。
場内に入るとホビーショーを訪れたお客さんと相俟って
一層活気に溢れています。

出展者の方にお話を伺ったところ、
「予定以上の売れ行きで商品が足らないかも」という嬉しい悲鳴が続出でした。
私もつられてテンションが上がってしまい
写真を撮りまくっているとレンズ越しに見慣れた顔が…。
そこには取材と称し袋いっぱい買い物している
ホクホク顔のエンラク氏が写っていました。
いや、あえて公開はしませんけどね……。


↑代わりに人気店の看板娘をどうぞ

そんなこんなで「ホビーショー」、「モデラーズフリマ」と
二つもビッグイベントを楽しめた東京ビッグサイトは正にいいとこ取り!
模型好き、おもちゃ好き、同じ趣味を持った人と出会う機会もありますし。
充実した一日だと晴れ晴れとして外に出ると、
雲の合間から太陽が羨ましそうに覗いていました。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.