趣味の総合サイト ホビダス
 

2005年10月アーカイブ

走らせる2足歩行ロボット“マノイ”に注目!

| Category: | コメント(0)

baba.jpgこんにちは、B・Bです。季節はすっかり秋ですねぇ。お花屋さんの店頭にはコスモスがお目見え、お菓子屋さんのショーケースには栗をあしらった美味しそうなケーキがたくさん並んでおります。いい季節ですねぇ。
robo-2.jpgところで、去る9月21日といえばホビーショーの初日でしたが、同日、そのショー会場から少し離れた会議棟の一室で、あるモノがお披露目されました。そのあるモノとは、1/5スケールの2足歩行ロボット。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、これは一般の人でも楽しめるロボットをと、模型メーカーの京商株式会社、実績と技術を誇る近藤科学株式会社、ロボットクリエーター 高橋智隆氏がコラボレートして開発した京商ホビーロボット、1/5アスリート・ヒューマノイド「マノイ(MANOI)」です。2足歩行ロボットといえば大抵の方が、某カーメーカーのCMでもご存知の、あのロボットを連想しませんか? 凄いけどあまりにも高額で、誰もが操れる代物じゃあない。そこで登場したのが「マノイ」というワケ。高度な専門知識やプログラミング技術が不要の、誰にでも操縦できるロボットなのです。「誰もが作れる」、「誰もが2即歩行させられる」、「手の届く価格」、「遊びの要素」をテーマに開発されたマノイは、自分で組み立てて動かせるという、今までの2足歩行ロボットの概念を打ち破るような、まさに新世代ホビーロボットなんですね。robo-1.jpgビジュアルもアトムを彷彿させる佇まい。今後、スーツの塗り分け等のカスタマイズも考慮しているそうです。なんせ、そのキャラクタースーツ・デザインは、数々のコンテストや大会でグランプリを受賞してきた、ロボット・クリエーターの高橋智隆氏が手掛けていますから。つーか高橋氏、なかなかのイケメンだったりする。ファンも多いんでしょうねぇ。
当日はデモンストレーションとして、キャラクタースーツを纏ったプロトタイプのマノイがアクションを披露するほか、スーツを外したマノイの5メートル走なども披露。中でも5メートル走でのゴール寸前のアクシデント(コケっぷり)にはビックリ。この後、どうするんだろう…と思っていたら、お見事! ひとりでできるモン! ってな感じで、あっという間に起き上がり、再び走り始めました。凄い。
ちなみに、この5メートル走行(歩行)はマノイ発売後、そのタイムを競う「アスレチクス・ヒューマノイドカップ」というタイムトライアル競技として公式開催されるそうです。発売予定は2006年6月、予価は税込み15万円、組み立てるのに3~5時間程度(個人差あり)で、プログラミング初心者でも自由に動かすことのできるソフトを開発中とのことです。
そうそう、そのデモンストレーションの模様ですが、現在ホビダスTVでムーヴィーを公開中です! 気になった方は是非、ご覧になってみてください! 見たらきっと欲しくなる…カモ。

右上写真はロボットクリエーターの高橋智隆氏。左下写真は京商の鈴木正之代表取締役社長と、今回のプロジェクトリーダーの鈴木明久代表取締役会長。

アスリートヒューマノイド“マノイ”
●2006年6月発売予定
●予定価格:15万円(税込)
●1/5スケール(体長約40cm)

問:京商ユーザー相談室 Tel.046-229-4115 http://www.kyosho.com/

心の洗濯

| コメント(2)

imai.jpgこんばんは。年々黄ばんできているタイ米です。
B・Bさんのブログで先に言われてしまいましたが、日曜日まで沖縄の小浜島に行っていました。


エメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島で
穏やかでない山羊が鳴き散らしていたり、
窓をノックされて開けてみると孔雀がいたりする島です。


この島ではクルマが動かなくなったらそのまま捨てるのか
写真のような自然に溶け込み始めているクルマをちらほら見かけました。


そして謎の飲み物「ゲンキ クール」。
やクルト1に対して水2を加えたような薄っぺらな味わいで
昔、駄菓子屋で売っていた粉状のラムネのような後味が口の中にいつまでも残る。
きっとその後味が「クール」の部分なんでしょうが、
どうにもすっきりしない摩訶不思議なニクイやつ。
「クール」の他のバージョンをご存知の方はぜひご一報を。、

さて充電もたっぷりしたし、張り切って働きマース。

紅芋、黒糖、マンゴ、ウッチンってナンダ!?

| Category: | コメント(2)

baba.jpgこんばんは、B・Bです。先日食べた秋刀魚が恋しくなって、またお店へ足を運んだのですが、残念。今回は秋刀魚の入荷がなかったとのことで食べることができませんでした。で、代わりにほっけを頼んでみましたが、こちらもGood。やっぱり七輪で焼くとより美味しさがアップしますね! 
ところで、先週末から沖縄に出かけていたタイ米くんが、お土産を買ってきてくれました。沖縄のお土産といったらやっぱり「ちんすこう」ですよね。良~く分かってるねぇ。日持ちもするし、安くていっぱい入ってるし、美味しいし。
最近は色々なフレーバーが楽しめるちんすこうがあるんですねぇ。そこでいくつかご紹介。


ナンバー1:黒糖…黒糖の香ばしさがたまらん。
ナンバー2:泡盛…ほんのり泡盛のかほり。
ナンバー3:紅芋…甘さ控えめ、紅芋の味はあんましない。
ナンバー4:マンゴ…フルーティな味がお口の中いっぱい。
ナンバー5:シークァーサー…口の中イガイガする…でも美味しい。
ナンバー6:コーヒー…コーヒーです。
ナンバー7:ピーナッツ…ピーナツです。
ナンバー8:梅…梅、微妙に梅。
ナンバー9:ミルク…言われてみればミルク。
ナンバー10:ウッチン…ウッチンってナンダ? 怖くて食べられない。

調べたらウッチンってウコンのことなんですね。知らなかった……。
エンラク氏も「ウッチンって何だろう。」って言ってたので、
「ウッチャンの間違いじゃない?」と冗談でいったら
「ウッチャンでも分からないよ……。」と真顔で突き放されてしまいました、意外と冷たいのね。
ちょうどス○ーバックスでカプチーノを買ってきので、一緒に食しました。苦めのコーヒーにこの甘いちんすこう、合いますねぇ。

ところで、東京・渋谷の東急百貨店では明日まで、大・大阪博覧会を開催しています。LET'S PLAY VWs の編集長、B滝さんのブログでも紹介されておりますが、こちらでも大阪の美味しいものが沢山販売されております。福の神「ビリケンさん」も生で拝めるとのことです。お近くにお住まいの方は是非! 

ちなみに、阪神が優勝を決めた日の夜、渋谷駅周辺は東京在住、或いは東京出張中の関西人? らしきサラリーマンたちがタイガースの応援歌を熱唱しておりました。そばを通ったら酔っ払っていたひとりが絡んできて、ちょっと怖かったです。とりあえず、「おめでとうございます…」って言ったら、「おぉー、ありがとさん!」って握手を求められました。そういう場合、してあげたほうが良かったんですかねぇ……。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.