趣味の総合サイト ホビダス
 

« 1/1SCALE | トップ | 蒔【輝 雪 丸】岡 »

2005年10月26日

蒔岡商店

komatsu.jpg商用車に書く屋号は、右から左へ書くものなんですか?と聞かれました。
特に決まりはありませんが、大きな看板文字の場合、画像のように右側面は右から
(店商岡蒔)、左側面は左から(蒔岡商店)というのが最近では一般的みたいですね。
Koisan_L.JPG
Koisan_R.JPG
古っぽく見せたいために逆から書くのではなく、進行方向から読ませたいという意図による…のだと思います。ちなみにこの話題、ちょっと前の「サザエさん」でネタになっていました。
ただ、ドア・パネルのように小さな面積で完結している場合は左右とも同じだったりしますし、荷台パネルでも左右を書き分けていないものも普通に見かけます。コンペティション・マシーンでも大きなマーキングは使われていますが、和文は殆ど皆無ですから、トラック好き以外にこんなこと気にする人はあまりいないんでしょう。
トラックの看板文字は書き手の作風や地域の個性、オーナーのセンスで様々で、見ていて飽きません。自分も真似ばかりにならないようにと考えていますが、やっぱり「○○丸水産」「○○商店」といった定番はカッコいいんですよね~。
環7で爆音を奏でるスーパーカーに見向きもせずに、ノーマルの冷凍車を目で追って「お~、そういう描き方もアリなのか~」とか言っている奴は、傍から見るときっとヤバいんでしょーね…。

投稿者 とど松 : 2005年10月26日 20:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/3814

« 1/1SCALE | トップ | 蒔【輝 雪 丸】岡 »