趣味の総合サイト ホビダス
 

2005年12月アーカイブ

まぁるい背中に癒される

| Category: | コメント(2)

baba.jpgこんばんは、B・Bです。コレ、見てくださいよ。一見、可愛らしいパンダさんが載せられているのですが、よーく見るとトラックとパンダのバランスが……パンダでっかぁ~!
ナンテいいながら、やっぱりカワイイのよコレ。ちなみにこれは、'91年に発売となった、トミカ通常ラインの動物運搬車、ふそうトラックですが、今でも玩具売り場などで購入できます。でも、なんで今さら…とツッコミが入りそうですが、今日、スタジオで撮影をしていたら、エンラクさんがあるモノと一緒にこのトミカを撮影するといって持ってきたのです。そのあるモノとは、これから発売となるトミカで、同じく動物運搬車輌。そちらの写真もアップしたいところですが、発売前なのでまだお見せできません。でも、これまたカワイイ動物が載せられていましたよ! パンダに負けず劣らずデカイですけど。リリースは来年1月予定とのことですので、トミカ・ファンのみなさん! もうしばらくお待ちくださいね。しかしデカイなぁ、このペ○ギ○。

 
なんとこのケージ、取り外すことができるんですよ。こういったギミックも嬉しいですよね。
後姿はこんなカンジ。パンダのまぁるい背中には癒されますねぇ。

●今年で誕生35周年を迎えたトミカ、その歴史を紐解くムックもご用意しております。詳しくはこちら!

夢のセカンドカー・ライフ

| Category:

komatsu.jpg 12月になった途端エラい寒くなってしまいました。ここ数年「残暑」から「冬」に入るまでが段々短くなっているような気がするんですが…気のせいでしょうかね。
ガソリンが気化する時間が長くなると、インパラはまた稼働率が下がります。
電動ファンを使わずに走れるのは良いのですが、走り出すまでがつい億劫になってしまうワケです。
「セカンドカー買わないの? 70年代(後半~)のアメ車は良いよ~」と鉱産キャル吉先生が言ってきましたが、フルサイズ2台も持ってどーするんだよ…。
B110_A (1).jpg
セカンドカーと言えば、昔から欲しいのはサニトラですね。B110も余裕があればまた買いたいのですが、いずれにせよ旧いクルマをあまり乗らない状況で持っているには、ガレージが欲しいです。
自分の手元に来たことで、程度の良い個体がダメになった…となるのは心苦しいので。


…なんて思いつつ、さっき表に出たら環七品川方面から「キュッシューーン」と音がして、慌てて見たら…
尾張名古屋の○○商店(モデル・カーズ・トラックス3・108ページ参照)だ!! カッコいい~!! 
全身ビッカビカの姿が、スカGテールを鮮やかに残しながら柿の木坂陸橋を超えていく様は最高に美しかったです。

やっぱ宝くじ当ててトラック買おう。

髭を生やしたピーターパン、現る

| Category: | コメント(0)

こんばんは、B・Bです。今月も「ババ~ン!」とか言いながらあの方が現れました。次号のモデルカーズ誌に掲載するニューモデルの撮影にと、相変わらず妙なテンションで編集部に現れたジョー高安氏。高安氏といえば、F1モデラーとして言わずと知れたプロフィニッシャーですが、この方、黙っていればダンディな小父様。だけど、しゃべったらダンディ像が音を立てて崩れていくの…でもしゃべらずにはいられないらしい。
現れるなりタイ米くんをラチり、スタジオへ。本人曰く、「撮影の勉強も兼ねてタイ米くんにやらせているのだ。」とのこと。たぶん違う。老眼が進み、手許が覚束ないから細かいパーツを並べることが出来ないのだろう。そうなんでしょう? ジョー高センセイ。
で、心配半分、冷やかし半分でスタジオに行くと、やっぱり、タイ米くんをいじって楽しんでいました。何万もする高価なモデルやパーツ類を真剣に並べるタイ米くん、その脇でふざけるオヤジ。その一部始終を激写! 写真はポップアップでお楽しみください。

写真に撮られるなら面白い顔しろよ。俺がこーやって、あーやって、こーするから、メガネをズラしておどけたポーズをとれ。いくぞ、ブーーン! キキー! アッ!――と高安氏。


なんだよ、照れてんじゃねぇよ、真剣にやれ! もう一回。――と高安氏。


ちょっと、こんなこと真剣にやらせないでくださいよ。――とかなり恥ずかしそうなタイ米くん。
なんだよー、ダメだなぁ。ちゃんと撮れたか?――と嬉しそうな高安氏。


やっとタイ米くんの変顔激写に成功。それを見てご満悦な高安氏。
あんまりいじっちゃダメですよ、ジョー高センセってアタシが振ったんだよね、ゴメン、タイ米くん。



撮影当日は、名古屋のスペシャルショップ「ラクーンオート」の専属フィニッシャーとして活躍中の、下間康弘さんもいらっしゃいました。

 
手にしているモデルは下間さんが手懸けた、こだわり仕様の1/43 GAMMA MODELSのランチア・ベータ モンテカルロ 1979。右は現在製作中の木型。


で、こちらは淡々とシャッターを切るカメラマンのアマダさん。アマダさん、ごめんなさい、用事は済んだので退散しまーす!
ということで、ホワイトメタル&レジン等のスペシャル・モデルの新製品情報は、次号(12/26発売号)のモデルカーズをご覧ください!

穏やかでない編集部

| コメント(3)

imai.jpgこんばんは。
健康診断で中性脂肪値が上がっていると通告され、
変わりにテンションが下がったタイ米です。

編集部にあるモデルガンを並べてみたらこんなにありました。
締め切り間際には、みな銃を手に取り己を鼓舞するのです。
誰からともなく無意識のうち手にしているのです。
いったい何がそうさせるのか…。
年末進行という敵は銃では倒せないと知っているのに……。

有機溶剤中毒者達

| Category:

komatsu.jpgさっき、ランチェロの修理で大変そうなキャル吉先生がフラフラとモデルカーズ編集部にやってきました。
ナガウヲ編集長と3人で「寒くなってきたから缶スプレーでは塗装が乾かない」「エアブラシなら●●が良い」「○○の筆は使いやすい」とか喋って…おお! なんか模型雑誌の編集部みたいだ!

自分はというと、年末で忙しくなりつつある中だというのに急に製作がノッてきて、毎晩遅くまでプラスチックの粉末とシンナー臭にまみれています。

画像は大分前に製作したドルフィン「さくら水産」。実在の車輌等とは関係ありません。リアバンパーだけは今年の正月に材料も工具も限られた実家で作り直しました。

sakura1.JPGsakura3.JPG


プラモ製作の手が進む時って、何故か忙しい時ばかりのような気がするんですが…それともプラモ作っているから忙しいんでしょーか。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.