趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年5月アーカイブ

HWカスタムカー・ショー大阪へ行って来ました!

| Category: | コメント(0)

baba.jpg先日のブログでもアナウンスした通り、「ホットウィール・カスタムカー・ショー大阪」が去る5月28日(日)、大阪南港アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITMホールの12階で開催されました。会場はUSJや関西空港も近いとあって、東京に負けず劣らずの来場者で賑わい、成功裡に終わったといえましょう。
今回の取材には、本誌HWファンクラブのライター鈴木さんと一緒に行って参りました。メイン・イベントであるカスタムカー・コンテストの結果・詳細等は6月26日(月)のモデルカーズ本誌でレポートするとして、ここではその速報をダイジェストにお伝えします。また、前日の27日(土)に行なわれたチャリティーディナーショーの模様もアップしましたので、そちらも併せてご覧いただければと思います。*左写真:中央の高層ビルは大阪ベイエリアのシンボル、コスモスクエアビル。右奥に見えるビルがディナーショー会場であるホテル「ハイアット・リージェンシー大阪」
*写真はクリックすると大きな画像でご覧になれます。


■HWカスタムカー・ショー■


大阪開催のカスタムカー・ショーへ行くのは今回が初めてだったのですが、第一声、とにかくロケーションがいい! 関東でいう横浜やお台場といったオシャレなベイエリアで、当日は好天にも恵まれたこともあって、ATCの館内は多くの人で賑わいを見せていました。また会場では、全国各地のHWショップ・ブースやマテル・インターナショナルのブースも出展され、さながらスワップミートのような活気がありました。


今回のスペシャルゲストとして来日したのが、ローブロウ・アーティスト界の重鎮、COOP(クープ)。会場では、オートグラフ・セッションやCOOPがデザインを手懸けた限定モデルの販売なども行なわれ、ピーク時にはサインを求める多くのファンで長蛇の列ができました。ただ少々残念だったのは、クープ・オリジナル・グッズがなかったこと。来場者の中にはHWファン以外の人も少なくなく、Tシャツなど手軽に購入できるものがあれば、もっと良かったのになぁと感じました…って、簡単に言っちゃいましたが、色々と難しいんでしょうね。


カスタムカー・ショー会場の隣りでは、一般来場者も参加できるホットウィールのダウンヒル・レースやお子様に向けたホットウィールの塗り絵コンテストなども開催され、子供から大人まで楽しめる内容でした。中でも塗り絵コンテストは好評で、小さなお子さんが塗ったとはいえかなりの色彩センス。上位3位までの作品はマテル本社へ持って帰り、しばらく展示すると言っていました。エクセレント!!
そしてカスタムカー・コンテスト。応募作品は今回もハイレベルで、COOPやマテルの方々もかなり見入っていました。


いよいよ表彰式。結果が発表されるたびに歓声が沸き起こり、会場は和やかなムードで包まれました。中でも印象的だったのは、COOPの奥様の笑顔。時々発する片言の日本語も、チャーミングでした。


表彰式の後は、カスタムカー・コンテストの各クラス入賞者とCOOPの記念スナップをお願いし、撮影させていただきました。入賞した皆さん、おめでとうございました! そして、カスタムカー・ショー関係者の皆さん、ありがとうございました!




■チャリティーディナーショー■


ショーの前日17:30からは、ハイアット・リージェンシー大阪の28階でチャリティディナーショーが行なわれました。見てください、このロケーション! バイキング形式の食事は和洋折衷、美味しいデザートまで用意されておりました。


食事が一段落すると、いよいよオークションが始まります。人気のホットウィール・デザイナーのサインが入ったモデルや限定モデルなど珍しい品がオークションに出品され、熱狂的なHWファンで白熱しました。オークション出品物にはホットウィールのほかにもCOOPのオリジナル・ジャケットや世界限定のセリグラフ・ポスターなどもありました。


オークションの後は、翌日のショーで開催されるビンゴゲームがディナーショー参加者だけに特別に設けられ、皆さん楽しまれていました。気が付けば、外は夜景。2時間という長いようで短い時間でしたが、参加された方はみなさん、とても充実した時間が過ごせたようでした。


さて、イベントの模様を駆け足でご紹介しましたが、実はディナーショーの後、イベントのために来日したCOOPへモデルカーズが独占インタビューを敢行しました! 来日するのは今回で3回目、親日家COOPの意外な素顔も覗け、インタビューは大成功でした! 詳細は6月発売の本誌でご紹介する予定ですので、お楽しみに! その場で書いてくれたクルマのイラストも掲載する予定です! プレゼントもありますよ!

ヨガをはじめようと思ったワケ…

| Category: | コメント(9)

baba.jpg台風のような雷雨だった昨日とは打って変わり、今日はとてもいい天気ですね。さて、先日開催された静岡ホビーショーのレポート後編「ミニカー/その他のメーカー編」を、モデルカーズ・ホットラインにアップしましたよ。今回も注目の新製品が目白押し! ホビーショーへ行けなかった人はチェックしてくださいね。
で、調子にのってお知らせをもう1つ。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、本誌でも人気のコーナー「ホットウィール・ファンクラブ」のWEB版が立ち上がりました! 最新ラインナップの詳細は本誌でご覧頂くとして、各モデルの画像はチェックすることが出来ます。他にも、ホットウィールに関する最新情報をお伝えするブログや、オフィシャル・ショップガイドなど満載です。ホットウィールのコレクション・ツールとして、是非ご活用ください! ちなみに同サイトでは、「ホットウィール・ギャラリー」と称したサービスもご用意しております。グラフィックデザイナーのタキガミ氏が手懸けた、CGによるホットウィールたちをムービーと壁紙で愉しめますよ! サイトへはモデルカーズHPのトップや当ブログから入れます。下のアイコン2種が目印です。

hw-bnr2.jpg  hw-bnr.jpg

ホットウィールつながりでもう1つ。今週末の28日(日)は、2006ホットウィール・カスタムカー・ショー大阪が開催されます。前日の27日は、ハイアットリージェンシー大阪にてチャリティーディナーショーも開催されます。開場は17:30から、2時間を予定しているとの事です。詳しくは「HW Custom Car Show Japan」のHPをご覧ください。

さてさて、話は変わって先日書いたヨガの話の続きです。あることがきっかけで…と書きましたが、始めようと思ったきっかけはズバリ、自転車に乗っていて見事にコケたということが挙げられます。自分でもあのコケっぷりにはビックリ。ホント、2メートルくらい飛びましたよ。おかげで全身打身、テイクアウトしたカプチーノもぶちまける始末……。それ以来、運動不足なのか…反射神経が鈍ってきたのか…歳なのか…と自問自答の日々。色々と考えた結果、身体の歪みが原因なんだという強引な結論を出し、「よし、ここはひとつ、ヨガをやってみよう!」となったワケです。
でもね、コケた理由はもう1つあるんですよ。それが写真の所さん。実はコレ、所さんの等身大看板なんですが、最近、弊社のエントランス・ホールに置いてあります。見慣れるまでは結構びびるんですけどね、コレ。で、すっかり見慣れた或る日の夕方、今回の事件が起きたのです――。

本誌締め切りの真っ最中、どうしても豆から挽いたコーヒーが飲みたくなって、近くのスタバへ自転車で出かけました。カプチーノが入った紙袋をカゴに入れ、ママチャリでも意気揚々とペダルを漕ぐ私。会社前に着き、駐輪スペースへ乗り入れようとしたまさにその瞬間、視界に怪しい人影が…思わずそっちへ目を向けると、視線の先には例の所さんが居たというワケです。次の瞬間、自転車と身体の向きが逆になり、気が付いたら環7まで50センチというところまで飛んでしまいました…アブネェ。

幸いにも大事には至らなかったのですが、運動神経と反射神経にはそこそこ自身があっただけに、結構ショックでした。なんであんな所に所さんが…ダジャレじゃないですよ。しばらく前は、もう少し奥に立ててあったんですよ。入り口の脇に立ってたら、しかも薄暗くなった夕方、クルマのヘッドライトで照らされ怪しげなシルエットが突然浮かび上がったら、ビックリしますよ……。所さんが悪いわけでも、誰が悪いわけでもないんですけどね…自分がドン臭かっただけです……。

そんなワケで明日、ヨガの体験レッスンに行って来ます。良かったら入会しようと思っていますので、体験レッスンの話はまたのちほど……。

ホビーショー満喫

| Category: | コメント(0)

baba.jpgこんにちは、B・Bです。スネキチくんのブログに「鬱病の対処法としては規則正しい生活と適度な運動が挙げられます。」と書かれていますが、ホント、そう思います。日照時間の問題もあると思いますが、やっぱり不規則な生活と運動不足は身体に良くないですね。幸いにも“ウツ”になってはいませんが、気を抜けば掛かってしまいそう…気をつけなきゃ。
そんなワケで…というワケではないのですが、あることをきっかけに近々ヨガを始めようと思っています。その話はのちほど……。

さて、毎年恒例のホビーの祭典「静岡ホビーショー2006」も、21日をもって閉幕しました。我々編集部も業者招待日に取材へ行きましたが、今年も各社注目の新製品が目白押し。仕事とはいえ、合間を見ては気になるブースを見て回りました。詳しくは6月26日発売のモデル・カーズ本誌でレポートするとして、その一部を「モデルカーズ・ホットライン」でもダイジェストにご紹介しておりますので、ホビーショーに行くことができなかった方はそちらをご覧いただければと思います。ちなみに、模型メーカー編以外は近々アップする予定です。

で、写真はホビーショー会場で行なわれていた、タミヤの「ミニ四駆オンラインレーサー」体験コーナーのブース。通常は1ゲーム8名まで参加が可能との事ですが、この体験コーナーでは2名で対戦。面白そうなのでやってみたかったのですが、カメラマンを待たせていたのでその気持ちを抑え、撮影所兼待ち合わせ場所へ足早に戻りました。

撮影所には、なにやらチカチカと光るものを首から提げているタイ米、スネキチのコンビが……。二人して満足げな顔をしているので、「ナニ? それ」と訊くと、「オンラインレーサーの体験コーナーをやったら、コスプレお姉さんが掛けてくれたんですよ…テヘ」などとぬかすじゃないですか! ホォォ~、アタシは我慢してたのにぃ…あ、ちょっともう一回りしてきますぅ……そんなワケで、私もゲットしましたよ、チカチカと光るヤツを。

下の写真がそれです。タミヤのロゴである“ツインスター”がイメージとなっているのでしょうか、ペンダント!? のトップは可愛らしい星型で、その星がレッドとブルー交互に点滅するというワケです。これは小さな子供も喜びそうですね。ちなみに、私の首へは男性スタッフの方が掛けてくれました。そんな気遣い結構ですから……。


デジカメ機能についている「連写」を使ったら、点滅する光も上手く撮れましたよ。

静岡の思い出。

| コメント(0)

こんばんは、体調を崩して常に夢遊していたスネキチです。

今年の5月は、このままだと戦後歴代2位にランクインするほど日照時間が短いらしい。

So what? とか思ったアナタ!なめてはいけません。
日照時間の短い北欧の方が、長い南国に較べて鬱病患者が多いという研究論文があるくらいなんですよ。

鬱病の対処法としては規則正しい生活と適度な運動が挙げられます。
みなさんも気をつけてください。
まぁ、私はあえて逆の生活をしていますが。

さて、先日私も編集長や先輩と共に、静岡ホビーショーに行ってきました!
私にとって始めてのビッグ・イベントだったので、会場内を少し興奮気味に這いずり回っていました。
詳しい内容は、次号の本誌123号でお届けするとして、今日は会場内で見かけた1/1スケールをご紹介。

 

左の写真は今月フジミ模型から発売される予定の、「RE雨宮μ過給圧上昇7 SPL」の実車。
RE雨宮のRX-7といえば、私はアスパラドリンク仕様が好きですが、実車の迫力はさすがです。
右はハセガワに展示されていた、「T-3 Jr.」。
ホンダDioをベースに静浜基地の隊員が、手作業で製作したT-3型練習機の小型機らしい。
もちろん原付ベースなので、地上しか走れないすぐれもの。
会場の入り口にあるモニターでは、このT-3 Jrがデモストレーションをしている映像が、
映し出されていて、来場者の注目を集めていました。

ミニカー関連のブースも新製品が目白押しで、目移りしてしまいましたが、やはり一番気になったのはエブロ。

上はエブロで配布されていた、BUBモバブルの1/87スケールのポルシェ906。
こんな素敵なお土産もらったら、ブログで書かないではいられん!

勉強不足ながら、このブランドをそれまで知らなかったのですが、
元シュコーの社員が立ち上げたメーカーらしく、ピッコロを彷彿とさせる重厚感と温かみ溢れる造形がかなりツボ。
それにしても、エブロのあのミニカーはかわいかったなぁ・・・。
発売されたらすぐに買おうっ!!

今更GWネタ

| Category:

komatsu.jpgデコトラ関係の掲示板が落ち着いた今頃、茨城AT連盟の話です。
毎年連休中に行われる大規模イベントですが、今年は異様に台数が多くて見るだけでも疲れました。入場待ちで並び続けた参加車の皆さんも大変だったと思います。
とにかく凄い台数なので、会場全部見たつもりでも、現地で会った方に「あのクルマ見ました?」と言われて初めて、そんなの来てた??と気付く位。
そんな会場の中で、個人的なベスト・オブ・ショーはこちらのギガ!!

 
大型平ボデー+白銀看板…カッコいい!! ヤラれました。一緒に来ていたフォワードと共に、完成が楽しみです。サイドのアオリと同じ高さでリアを観音扉にするというのも、自分好みです。是非良いクルマに仕上げて下さい。しかしこの会場、入場してしまうと狭いし逆光になっちゃうし…と、撮影するにはキツいです…。
 

と、更新作業しているところで初めて気が付きました。
stekka.JPG
モデル・カーズのステッカーを貼ってくれている!!
ありがとうございます。これからもご愛読よろしくお願いします。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.