趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年6月アーカイブ

♪無敵日本の武勲を

| Category: | コメント(3)


*画像はイメージです。
komatsu.jpg世間のW杯フィーバーからは完全に置いてけぼり…というか取り立てて興味ないんですが、もちろん日本には頑張ってほしいし、良い結果を残してほしいと願っております。
結果はともかく、驚いたのは、昨日の帰りの電車が妙にガラガラだったこと。サッカーの影響だとしたら凄いですね~。「君の名は」の放映時間は銭湯の女湯から客が消えた、とかいう話を思い出しました。

ま、そりゃどーでもいいんですが、その電車に乗る前、会社を出たら信号待ちの列の後方からヒュルヒュルヒュル…と音が。見ると

こちら様でした。カッコいい~!! 画像は石巻で撮ったもの。
昨晩はロケットとホイールマーカーくらいしか点灯していませんでしたが、やはり路上で見る姿はイベント等と違って存在感が違います。
4トン+キャデラックバンパーってやっぱり良いよな~…と思いながら、自宅に帰ってプラモをいじっていたので、サッカーの結果を知ったのは今朝会社に来てからでした。

がんばれニッポン!

日本以外全部沈没も困る。

| コメント(2)

こんにちは、新しい編集部のレイアウトに戸惑いを隠せないスネキチです。
昔から背後を無防備に晒すのを極度に恐れる、デューク東郷(ゴルゴ13の主人公)気質なので、
後ろを人が行き交いする今の席はてんで落ち着きません。
でも、見晴らしが良くなり、生理整頓されたので、ガマンガマン。
他の編集部の人たちが覗きにきては、
「うわぁ、会社っぽくなった!」
と言われるのも納得できる汚さだったので(笑)
まぁ、何もかも日本が沈没しちゃえば、一緒なんですけどね。

あらら、東京がとんでもないことに・・・というわけで映画「日本沈没」の試写会に行ってきました。
小松左京原作のこの作品は、1973年に藤岡弘主演で映画化されており、日本海溝直下型の大規模な地殻変動により、日本列島が沈むというドラスティックな内容で、観客動員数650万人を越す大ヒットを記録。
33年ぶりのリメイクとなった今回は、主人公の潜水艇パイロット役を草彅剛、ヒロインのハイパーレスキュー隊員役を柴咲コウ、そのほか総理大臣役を小泉首相ヘアーの石坂浩二など豪華なキャストが揃いぶみ! CGを代表とする技術力は当然のこと、極限の状況に追い込まれた時に、それぞれの人が取る行動がドラマチックに描かれており、目が離せません。
また、劇中あちこちで深海潜水艇、自衛隊機、レスキュー車などの実機が活躍するので、モデル・カーズ読者には必見です。

特に私がカッコイイと感じたのが、左の柴咲コウが乗るホンダPS250。2004年に独創的なデザインと利便性を兼ね備えて登場したピックアップ・スタイルの250㏄バイクです。劇中では迷彩っぽいカラーリングのカムフラージュ・グリーンのマシーンが、大混乱する人並みをかきわけて疾走。雨や寒さには弱いけど、やっぱりバイクはいいなぁ、と再認識させられました。

昨日、私が日本沈没のパンフレットの実機コーナーを眺めていると、背後から「あっ、フィールド・キッチンだ!」という鼻息荒い声が。振り返るとちょっと興奮気味のナガウオ編集長がいました。どうやら200人分の主食および副食を45分以内に調理できる、“野外炊事1号(改)”が刺さったようです。そして、昔は馬車が引いてたなどの興味深い薀蓄を授かりました。観る人によって、気に入るマシーンは違うと思いますが、満足できること請け合いなので、みなさんも是非劇場に足を運んでみてください。公開は7月15日からです。

閑話休題。
明日からいよいよドイツWカップが始まりますね!!日本の初戦は12日の対オーストラリア戦。
オーストラリアといえば、私も友人がいるので身近に感じている国のひとつ。特に太古の自然が残されていて、オーロラを見ることができるタスマニア島には、一度は行ってみたいと思っています。
この先、Wカップ人気に便乗した商品や番組が続くんだろうなぁ、とネット散策していると
大好きな長寿番組、「世界ふしぎ発見」が17日にタスマニア島特集をやることを発見!!
その頃には初戦の結果が分っていて、ちょっと複雑ですが、みんなで見ましょう!

トラックス重版

| Category:

komatsu.jpg ホビダスのトップページにも載っている通り、これまで品切れ状態だったモデル・カーズ・トラックスが重版され、在庫が確保されました。
で、「重版出来」って日本語ですか? 
ま、それはともかく入手できなかった方はこの機会に是非お買い求め下さい。1冊¥1,800もします。ニッポンのデコトラを中心に、カッコいいトラックのド迫力写真満載の誌面です。

ご存知の方も多いかと思いますが、一応触れておきますと、本のタイトルに反して模型記事は脇役になっております。でも、模型作りの資料には適しているかと思いますので、デコトラ・プラモを趣味としている方は参考にして戴ければ幸いです。ただしガンダムみたいなのは載っておりません。

画像はトラックス(1)で特集した「丸美グループ」の渡月丸様。これは自分が撮った未掲載カットですが、実際の誌面にはこんなのより更に凄い、追っ掛け皆様が撮った素晴らしい写真満載なので、一見の価値あり、です。

6月の始まり。

| Category: | コメント(4)

baba.jpg今日も東京は暑いです。で、今日から6月、改正道路交通法施行で民間に委託された、駐車監視員による駐車違反の取り締まりも始まりましたね。取り締まられて嫌な気分になるくらいだったら、少々の出費もガマン、最初から駐車場へ入れたほうがよさそうですね。

さて、話は変わって、既にご存知の方もいるかと思いますが、弊社ポータルサイト「ホビダス」が1周年を迎えました。そして、それを記念した様々な企画が同サイトで行なわれております。その1つとして、各雑誌媒体の創刊号+絶版書籍の立ち読みができる! という「ホビダス・ライブラリー」があります。もちろん、我々モデル・カーズの創刊号も全頁読むことができます。広告もそのままデジタル化しておりますので、メーカーやショップ等の当時の広告も見ることができて面白いですよ。

以前、90号の本誌の付録(写真のペラモノ)で創刊号の「復刻豆本」を付けた事がありますが、小さすぎて文字は殆ど読めませんでしたね…でも今回は大丈夫! 拡大すればちゃんと読めますので、興味をもたれた方は是非、ご覧くださいませ。

ところで、先日このブログで書いたヨガの話の続きです。行ってきましたよ、大阪取材へ行く前夜に。ヨガ初体験の感想を一言で言うと「ひぃぃぃ~ゴメンナサイ…」です。要は、完全にヨガをなめていたワケですよ。

ヨガといってもホットヨガ。サウナのような部屋で行なうのですが、基本姿勢をとるだけでもイッパイイッパイ。片足を後ろへ引き上げようものなら激しくバランスを失い、つんのめり、前の人に迷惑をかける始末……。完敗です、情けない自分に……。

そんなワケで、すっかり意気消沈してしまった私ですが、体験レッスンで挫けるわけにはいきません。やりますよ、続けますよ、俄然ヤル気満々、ヤリマン(←注:ヤル気満々の略ね)です! ホットヨガの魅力は、なんと言っても滝のように流れる汗。普通に生活していたら、そこまで汗かきませんもんね。老廃物も一緒に出てくれて、新陳代謝も活性化される。コレ、まさに運動不足の女性にピッタリですよ。お陰で翌日は化粧のノリも良かったですし。でもね、取材中は全身バリバリの筋肉痛、しばらくは“がに股”でしか歩けませんでしたけどね……トホホ
*写真はイメージです。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.