趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年10月アーカイブ

捨てる神あれば拾う神あり…

| Category: | コメント(2)

baba.jpg昨日もお知らせしました、「2006 あなたが選ぶ モデル・カー・オブ・ザ・イヤー(以下CCMC)」のサイトが本日オープンいたしました!
これは「モデル・カーズ」、「クアント」、「ホビダス」の三媒体共同による企画で、2006年に各社からリリースされたアイテムの中から選りすぐりのモデルカーを11カテゴリー×10台、合計110台をエントリー。
あとは、「これだ!」というモデルカーに一票入れていただくだけの、読者参加型の企画でもあるのです。詳しくは、モデル・カーズHPのTOPページにも設置のバナー(下のCCMCロゴ)をクリックし、CCMC専用サイトをご覧ください。
本家「2006-2007 あなたが選ぶ カー・オブ・ザ・イヤー」も盛り上がりを見せておりますが、後発である「CCMC」も一緒に盛り上がってまいりましょう! 今年一番のモデルカーを選ぶのは、アナタです!

ccmc.gif
↑このバナーを見たらまずはクリック!


さて、話は変わってこのブログで何度か書いたイラストレーターの太田 朋さんですが、今月末から神戸のギャラリーで展覧会を開かれるとのことで、そのお葉書が届きました。写真がそれです。
なんでしょうか、この生き物のような不思議なイラスト。砂底から頭を出して、ゆらゆらと潮の流れに身を任せているチンアナゴのようにも見えるし、美味しそうな山菜のわらびのようにも思える。
今回の展覧会のテーマは「Sketch」。単純にスケッチ、写生図という意味で捉えて良いのでしょうか。だとしたら、このハガキのイラストもきっと何かを写生したものなのでしょう。私が見て感じたモノと同じかどうか、とても気になります。
スケジュールを調整して観に行きたいなぁ。朋さんにまた会いたいなぁ…うぅ。
興味のある方はゼヒゼヒ、足を運んでみてください。

【太田 朋 展 -Sketch-】
2006年10月29日(日)~11月10日(金) 土曜定休/11:00~19:00
会場:ギャラリー心 (神戸市東灘区住吉宮町7-6-3/Tel.078-843-4108)

ところで、展覧会のハガキと一緒に写っているモノ、気になります? 実はコレ、山越さんから頂いた食玩のヤドカリくんなのですが、先月末に来社された際、「色々と迷惑を掛けているのでお詫びに…」と置いていかれたモノです。訊くと、「実はこのシリーズ、伊勢海老もあるんだけど、それがどうしても欲しくて、でもコイツが出ちゃったから…」と、要らないモノのように私にくださったのです…可哀相なヤドカリくん。
一見、気持ち悪い印象を持ちますが、こうしてじっくり見ていると、つぶらな瞳がなかなかどうして、カワイイじゃないですか。





「もてぎ」か「横浜」か…

| Category: | コメント(0)

baba.jpg今週末は、弊社主催の恒例イベント「ヒストリック・オートモービル・フェスティバル・イン・ジャパン 2006」がツインリンクもてぎで開催されます。四輪系媒体のスタッフはもちろんのこと、お手伝いが可能な社員は借り出されるワケですが、今週末はワンダーランド・マーケットも開催されるので、残念ながらもてぎには行くことが出来ません…ホント、残念だわ(汗)
今年は中嶋悟さんがロータスF1をドライブするという、メインイベントもあるようですので、当時の輝かしい活躍を知る人もそうでない人も、ゼヒゼヒ足を運んでみてはいかがでしょう。あ、ワンダーランド・マーケットもお宝いっぱいのイベントですので、もてぎは遠いなぁ~という人は、横浜へゼヒゼヒ。

ところで、中嶋悟さんといえば「ハロ~ス~イス~♪」でお馴染みの外資系保険会社、チューリッヒのCMにイメージキャラクターとして出てますよね。ちょっと前までハイジが使われてたけど。
で、CMの中嶋悟さん、中でも大門張りのサングラスを掛けて「無理だね」というセリフを言わされている中嶋悟さんにはビックリしたなぁ。だって、そのCMを最初に見たとき、ゆうたろうかと思ったんですよ。そんくらいインパクトあったなぁ。












さてさて、本日はモデル・カーズ最新号(127号)の発売日です。ちいさなものからおおきなものまで、最新のモデル・カーがオンパレードの特集をはじめ、今月も色々と盛りだくさんです! さらに、弊誌「モデル・カーズ」と「クアント」、「ホビダス」の三媒体共同企画「あなたが選ぶ モデル・カー・オブ・ザ・イヤー(以下CCMC)」もスタートします。エントリー・モデルは誌面でも告知をしておりますので、みなさま奮ってご参加ください! CCMC専用サイトがオープンしましたら、改めてお知らせしますね!





映画の秋

| Category: | コメント(4)

hata.jpg
その後はとんとご無沙汰、の石ノ森です。
映画『ブラック・ダリア』をやっと観てきました。思い起こせば9年前、同じJ.エルロイ原作の『LAコンフィデンシャル』をたまたま観て、そこに何かを感じ原作を読んでみたところ、ケタはずれのパワーと毒に圧倒され、その後貪るようにエルロイの“暗黒のLA四部作”を読み耽った私にとって、以前から噂のあった『ブラック・ダリア』映画化は、まさに夢の企画であった訳です。
dahlia.jpg
で、感想なのですが、いやあ、良かったですよ。映画は途中からかなり高圧縮な展開になるので、原作好きの私としては実は、中盤から乗れなくなる感じがあったのですが、観終わって時間が経つにつれ「あれは良い映画だった」という気持ちが強くなり、もう一度観ようと決心しております。
欠点が無い訳ではないです。個人的には、原作では実際の流れに沿って描写されていた警察の捜査(容疑者として挙がったセールスマンと軍人の取調べなど)を省いたために、実話を基にしたことによる話の厚みが出なかったこと、それと同時に、主人公バッキーの挫折と再生という側面が分かりづらくなってしまったことが問題だったと思います。しかしこれも、原作を先に読んでいたための先入観かもしれません。死体が発見されるシーンでのカメラワークには大いに興奮させられ、「キターーーー!」と叫びそうになってしまいましたし、その他にも良いシーンがいっぱいありました。'40年代ロサンゼルスの雰囲気も見事に再現されていて良かったです。

いよいよ開幕! 秋のホビーショー

| Category: | コメント(2)

baba.jpgスネキチくんのブログにもありましたが、秋のホビーショー「2006 プラモデル・ラジコンショー」がいよいよ開催されます! 
で、業者日である昨日、我々スタッフも取材へ行ってきましたが、各メーカーよりたくさんの新製品が発表されておりました。詳細なレポートは後日アップする予定ですが、ひとまず個人的に気になったモデルをご紹介します。

色々と目に入り、気になるモデルはたくさんあったのですが、その中でも私が気になったモデルは、エブロのブースに飾ってあった二輪モデル、1/10スケールの「CR110」です。
ホンダのドリーム50に似てるなぁって見てたけど、むしろその逆ですよね。このCR110を現代風にアレンジしてリリースされたのが、ドリーム50なワケで、ナニ言ってんだ? オマエは…状態ですね、失礼しました。

でも、ちょっと良くないですか? このあたりの二輪がモデル化されるのも、エブロならではだと思います。カブ、モンキーに続く二輪モデルからも目が離せません!





でで、更新ついでにお知らせがあります。
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在弊社ホビダスでは「マツダ ロータリー ル・マン ヒストリーシリーズ 16+1台セット」という、マツダちゃんやロータリーちゃんにとっては、涎も垂れる魅力的なラインナップが揃うセットをご用意しております。
値段を見ちゃうと一瞬ギョッとしますが、1台約6千円、それに787Bのテストカーが1台プラスされるとなれば、安いのかもしれません。
詳細はホビダス・ダイレクト内のマツダ・ロータリー ル・マンヒストリーシリーズをクリックの上、ご覧いただくとして、既に予約も開始しており、締切は10月31日(火)と迫っております。
是非是非、ご検討ください!

動きモノにちゅ~もくっ!!

| コメント(0)

 赤外線を利用してチョロQを自由自在に操ることができる夢のオモチャ、“Qステア”。先月末の発売以来、売り切れショップ続出の今注目のアイテムです。弊紙の「キューステア解体新書」でもお伝えしているように、無限の遊び方が可能なQステアはとにかくスバラシイ! かくいう私も一度遊んでからというもの、その可愛らしさと俊敏性にやられてしまい、もはや虜です。
 さて、本日から幕張メッセで開催される“2006プラモデル・ラジコンショー”(一般公開日は10月21、10月22)へ取材に行ってきました。例年通り、国内に群雄割拠する様々なメーカーから、魅力的なプラモデルやミニカーの新製品が発表されていました。
 まずは速報として上に注目!! ずらりと並んだQステアの新作です。なかでも注目は“スカイラインGT選手権”と“インプレッサ&ランサーWRC”のレーシングセット。2台ずつがセットとなるこの新シリーズは、それぞれのボディ色に対応したカラーのボタンを備えたコントローラーが付属し、さらに5個の小さいパイロンが付く。友達と簡単なコースを作り、タイムトライアルしたくなりませんか? えぇ、スネキチはやる気マンマンです。
 

 続いて紹介するのはこちら! なんと早くもミニ四駆PROに改良版のシャーシ“N-02ユニット”が発表されました。前部に掛かる負荷を分散させることに成功したこのシャーシは、名機マンタレイの後継マシーン、“マンタレイMk.Ⅱ”で12月9日にデビュー。そしてそして、12月発売予定のアバンテの最新作、“アバンテX”にも採用されることがわかりました。上の写真がまさにそれ。う~、欲しい!!
 来月のタミヤフェアで第二回プレス対抗ミニ四駆PRO大会が開催されることも決まったし、頭の中はすっかりミニ四駆モードっす! あっ、でも12月発売だから大会に間に合わないじゃん…。人生とは厳しく辛いものですね。

  • 1

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.