趣味の総合サイト ホビダス
 

2007年7月アーカイブ

竜太丸・その6

| Category:

komatsu.jpgサイドバンパーは当初、キットのパーツをそのまま使うつもりでした。
というか、サイドバンパーを自作しなくて済みそうだったので、竜太丸を作り始めたのでもありますが、ホイールベースを適正化したので、オーバーハング部のパーツは短過ぎて使えないから必然的に自作となるし、ホイールベース部は縮める加工が必要。ステーはキットと形状が違うので作り直し…と考えていたら、結局全部自作しても手間は変わりません。
unosanT.JPG
何より、渡月丸と竜太丸のギガ三部作?は、角パイプ3段のサイドバンパーのガッチリさ加減が非常に魅力的なポイントなので、ここを妥協しては魅力半減となってしまいます。
キットのサイドバンパーは、角パイプというよりは帯板みたいだし。

っつーことで、材料はエバーグリーン2.0×3.2mm角棒を使用。
近所の模型屋に置いていなかったので、東急ハンズ渋谷店まで買いに行ったのですが、地下階はシートスチレン各種と0.5mm厚の棒材は充実しているものの、欲しいサイズは在庫無し。しょーがないので通販で買いました。
で、これにタミヤ0.3mmプラ板を張って2.0×3.5mmの角棒を作ります。作ってみたら3.2mm幅でも良かったかな…と思いましたが、やや厚すぎたフロントバンパーとのバランスをとるためにも3.5mm幅にしてみました。右側は冷凍機を避ける形状。タミヤの2mm角棒を挟んで接着しています。左側は同じくタミヤ2mm角棒を治具として挟んだ状態でステーを接着。
ちなみに同じ「2mm」でも実際の太さは「エバーグリーン>タミヤ」でした。どっちの「2mm」が正確なのか、どっちもハズレなのかは不明ですが、今回は「タミヤの2mm」を上下方向のクリアランスとしました。

各パート前後の斜めになった部分は、エバーグリーン2.5×6.3mmを使い、まず断面を五角形に成型。斜めにカットした面を出した上で、3.5mm幅で切り出していきます。
角パイプ2段ならまだしも、今回は3段で角度を合わせるのが大変だと思ったので、こうした方法を採りました。タミヤよりも切削が容易なエバーグリーンだからできる技でもあります。
オーバーハング部の後ろ側は、3本分まとめた寸法で1ピースにてカット。これを接着することで3本固定できるようにしています。
unosanS.JPGステーは左のような図面を書き、その上にプラ棒を載せて、現物合わせで斜めの接着面を削り出し。他に良い方法を思い付かないので、いつもこうしてやってます。

つづく。  *文中敬称略

竜太丸・その1
竜太丸・その2
竜太丸・その3
竜太丸・その4
竜太丸・その5

竜太丸・その5

| Category:

komatsu.jpg現在発売中のモデル・カーズ136号の「模型工作通信」で触れている通り、WEBで続きます。

キャデラックバンパーは、キットのパーツを使って奥まった部分が斜めになっている「実車と同じ形」に修正します。
実車を見ればこんなしょーもない間違いはしない筈なのに…まるで正面から撮った広角気味の写真だけを見て作ったみたい……。
前面の天地幅も薄くて迫力不足だわ、側面は後ろに向かって広がっているわと、まぁ………とにかく作り直します。

まずセンター部分をカット。左の画像のように、左右の縦アンドンが入る部分がナンバーポケットと同じ平面上に来るようにすれば、奥まった部分に角度が付きます。

もちろん、このままでは側面が斜めになってしまうし、両端の縦アンドンも外を向いた妙な形になってしまうので、ニッパーで縦アンドンから外側をブッた切ってしまいます。

で、1.2mmプラ板で、本来の正しい形状の天板を作ります。ここに、カットしたセンターとその左右を接着するんですが、ナンバーポケットは何故か上にズレた位置で成型されています。意味が分かりません。これも実車と同じように天地中央にしたいので、1.0mmプラ棒を挟んで天板へ接着。縦アンドンはいすゞ810のランナーに付属するアンドンを使います。
その外側へ、1.2mmプラ板で改めて作った側面板を接着。もちろん側面板の天地幅は同じにしています。半円型のステップの穴も開けます。
天板の厚みが追加された分、バランスをとるために下側には1.0mmプラ棒を張り付けます。これでナンバーポケット部分も含めて、全体の高さが揃う形になります。下の画像で白く見える部分が追加したプラ板部分です。

説明文の長さの通り、結構手間と労力が掛かるので、全部自作する方が微妙なサイズの調整も可能で良いかも。今回のバンパーも、天地はあと1mm薄くて良かったかなと思っています。

つづく。 *文中敬称略

竜太丸・その1
竜太丸・その2
竜太丸・その3
竜太丸・その4

【銀】 瀬 戸 丸 水 急

| Category:

komatsu.jpg国道で行こうか迷った末に高速移動を選んで、今日はゆっくり行こうと思っていたら、遥か前方に気になる箱車が走っています。
とりあえず近付いてみる…と! 見覚えのあるクリーム色の観音扉。
setomaA.JPG
追いかけたいの!

瀬戸丸さんだ!! 扉の隅には「薫ちゃん看板」の文字が…そういえば週末に看板書くって聞いたから…と追い越し車線に出ると、おおお~!! カッコいい!!
こりゃ何としても写真を撮りたいと思い、追い抜いてクルマを停め、走行シーンを撮らせて戴きました。

丸美グループ広島

で、再度追い掛けて追い抜いて、自分が直前を走っていると、気付いて戴いてわざわざパーキングに入って下さいました。仕事中なのにすみません。
オペレーターさんに聞くと、やはり看板文字は入れたばかりというお話。まさかこんな所でお会いできるなんて思いもしませんでしたから、大感激でした。高速に乗って良かった。
 
冷凍機全開稼働中

僅かな時間でしたが、お話も出来て嬉しかったです。コーヒーまで戴いてしまい、ありがとうございました。
最後、三たび追いついたときのランプウェイを駆け上がる後姿も感涙モノ。グラプロも良いな~…と、改めて感じるカッコよさでした。
ヨシ、早く帰ってがんばってプラモ作ろう。
setomaE.JPG
チャイナラ~!

竜太丸・その4

| Category:

komatsu.jpg他の誰も更新しないので、淡々と続きます。
燃料タンクはタミヤ1.2mmプラ板で自作。17mm幅で切った帯板を30mmくらいでカットして箱組みし、左右に蓋をします。
両端の外周部分はホビーベース製の0.14mm厚プラストライプを細く切って巻き付け、側面にも同じくプラストライプの短冊を接着してモールドを付けました。完成後は殆ど見えない部分なので、パターンは縦方向の簡単なもの。
竜太丸の燃料タンクはシャシー同色なので、成型したら塗装前に接着してしまいます。シャシーと別に塗装して後で付けても良いのですが、接着が弱くて完成後にゴロっと外れるとイヤだし、塗装剥がして接着するのは面倒だし…ということで、こんな手順となりました。固定バンドは塗装が乾いた後で、カッティングシートで再現しています。完成後は見えないブラケットは無視。

バッテリーケースはキットのパーツだと小さすぎるように見えるので、これもプラ板で自作。バッテリーと燃料タンクの間に付いている箱は、フジミ1/24オースターのライト用麦球ケースがあったので、これを張り合わせて付けてみました。

エアタンクはダンプ用シャシーから流用。冷凍機のみ、唯一キットのパーツそのままの状態で使っています。ただ、ストライプの紙シールは「MITSUBISHI」の文字が潰れて殆ど読めないので、渡月丸1号車のキットのデカールを使いました。

つづく。 *文中敬称略

竜太丸・その1
竜太丸・その2
竜太丸・その3

竜太丸・その3

| Category:

komatsu.jpgフロントサスペンションのローダウンです。
以前の誌面ではアップライトを逆転させて車高を落とす方法を紹介しましたが、これだと車種によっては落ちすぎる場合もあるようです。
竜太丸の場合はリアがエアサスということも影響していると思いますが、一個体に限らず、ギガという車種を広く見てもあまり前傾姿勢という印象はありません。でも、キットのままの尻下がりにはしたくない。そこで今回は、アッパーアームの厚み分だけ車高を下げて、水平になるようにしました。


まず、アッパーアームの上側にモールドされているリブを削り落として平らにします。


次に、プラ棒で新たなアッパーアームを作ります。シャシー側面に密着させて、穴の位置が同じになるように作ります。ここではエバーグリーンのプラ棒を使用。
接着位置を十分確認した後に、キット本来のアッパーアーム先端を切断。で、自作したアッパーアームを接着。


一方、切断したアッパーアーム先端は捨てずに、ロアアームの上側に接着します。穴の位置を完全に合わせること。
これで組み立てれば、アッパーアームの厚み分(約2mm)だけアップライト=スピンドル位置が上に移動することになります…


が、このままではタイロッドがスプリングに干渉してしまうので、Uボルト後ろ側、下2枚分位のスプリングのモールド(ピンセットで示している部分)を削除。

 
これでステアリングの切れ角も確保できた上で、フロントの車高が約2mm落ちた、ほぼ水平の姿勢となります。

unosanL.JPG
ただ、今回はこの状態でキャブを載せてみたらタイヤとフェンダーのクリアランスがまだ大きいと感じたので、キャブのバックパネルとパーツGI-A16のシャシーへの接着面をカットして、ここで約1mm落とし、上の画像のようになりました。

ちなみに、実車のリーフ・リジッド・サスではアッパーアームもロアアームも無いのは言うまでもありませんが、ここではキットの構造に沿って説明の都合上、そう呼んでいます。

つづく。 *文中敬称略

竜太丸・その1
竜太丸・その2

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.