趣味の総合サイト ホビダス
 

« 竜太丸・その1 | トップ | 竜太丸・その3 »

2007年7月18日

竜太丸・その2

komatsu.jpg昨日に引き続き、竜太丸の製作記です。

全体のスプレー塗装を済ませたキャブは、窓枠をセミグロスブラックで筆塗り。安全窓周りはベアメタルのブラックを貼りました。
コーナー、ドア下、クォーターパネルにはニトムズのキッチンテープを貼ってます。ドア下のウィンカー部分は皺が避けられないので、あらかじめウィンカーの形にテープを切り抜いてから貼りました。ベッド窓部分も同様にして貼っています。

内装は、実車写真で見ると赤系の生地が見えますが、ハッキリ分からない…。
で、天井と壁面に「アートアップパーツ」として売られている内装生地を張った他はセミグロスブラックで塗っただけ。
リアウィンドウには白銀社のペイントを両面テープで貼っています。

 
 
ワンマン灯は接着面に1.2mmプラ板を挟んで、外側からアンドンの縁が全部見えるようにしました。
ベッド窓と安全窓のシールは、各ウィンドウの大きさより僅かに小さくなっているので、シールを貼る前にブラックで塗装するか、アルミテープを貼るかしてクリアーパーツ自体の面が見えないようにしておく方が良いでしょう。今回はシールを貼った後でそれに気付いたので、室内側からメッキテープを貼っています。

「ニューパワーV10」のエンブレムはキットの紙シールを1.2mmプラ板に貼り付けて、カッターで輪郭に沿って切り、断面をフラットブラックで塗って立体的に。地色はダークブルーではなくて黒が正しいのですが、そこは面倒なのでキットのまま。

なお、アートアップパーツの内装生地は永遠に使えるように、買ってきたらまずデジカメで複写してデータ保存、またはカラーコピーしてます。表面はツルツルになりますが、1/32スケールの暗いキャブ内部なら質感は気になりません。
また、コピー紙+両面テープの方が曲面に馴染みやすいというメリットもあります。

つづく。  *文中敬称略

投稿者 とど松 : 2007年7月18日 15:17

« 竜太丸・その1 | トップ | 竜太丸・その3 »