趣味の総合サイト ホビダス
 

竜太丸・その6

| Category:

komatsu.jpgサイドバンパーは当初、キットのパーツをそのまま使うつもりでした。
というか、サイドバンパーを自作しなくて済みそうだったので、竜太丸を作り始めたのでもありますが、ホイールベースを適正化したので、オーバーハング部のパーツは短過ぎて使えないから必然的に自作となるし、ホイールベース部は縮める加工が必要。ステーはキットと形状が違うので作り直し…と考えていたら、結局全部自作しても手間は変わりません。
unosanT.JPG
何より、渡月丸と竜太丸のギガ三部作?は、角パイプ3段のサイドバンパーのガッチリさ加減が非常に魅力的なポイントなので、ここを妥協しては魅力半減となってしまいます。
キットのサイドバンパーは、角パイプというよりは帯板みたいだし。

っつーことで、材料はエバーグリーン2.0×3.2mm角棒を使用。
近所の模型屋に置いていなかったので、東急ハンズ渋谷店まで買いに行ったのですが、地下階はシートスチレン各種と0.5mm厚の棒材は充実しているものの、欲しいサイズは在庫無し。しょーがないので通販で買いました。
で、これにタミヤ0.3mmプラ板を張って2.0×3.5mmの角棒を作ります。作ってみたら3.2mm幅でも良かったかな…と思いましたが、やや厚すぎたフロントバンパーとのバランスをとるためにも3.5mm幅にしてみました。右側は冷凍機を避ける形状。タミヤの2mm角棒を挟んで接着しています。左側は同じくタミヤ2mm角棒を治具として挟んだ状態でステーを接着。
ちなみに同じ「2mm」でも実際の太さは「エバーグリーン>タミヤ」でした。どっちの「2mm」が正確なのか、どっちもハズレなのかは不明ですが、今回は「タミヤの2mm」を上下方向のクリアランスとしました。

各パート前後の斜めになった部分は、エバーグリーン2.5×6.3mmを使い、まず断面を五角形に成型。斜めにカットした面を出した上で、3.5mm幅で切り出していきます。
角パイプ2段ならまだしも、今回は3段で角度を合わせるのが大変だと思ったので、こうした方法を採りました。タミヤよりも切削が容易なエバーグリーンだからできる技でもあります。
オーバーハング部の後ろ側は、3本分まとめた寸法で1ピースにてカット。これを接着することで3本固定できるようにしています。
unosanS.JPGステーは左のような図面を書き、その上にプラ棒を載せて、現物合わせで斜めの接着面を削り出し。他に良い方法を思い付かないので、いつもこうしてやってます。

つづく。  *文中敬称略

竜太丸・その1
竜太丸・その2
竜太丸・その3
竜太丸・その4
竜太丸・その5

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.