趣味の総合サイト ホビダス
 

2007年8月アーカイブ

タミヤモデラーズギャラリーにて展示したF1

| コメント(0)

kobayashi.jpg校了日直前のナポリです。今月の上旬に池袋で開催された、タミヤモデラーズギャラリー。モデル・カーズ編集部も、ブース展示をさせていただきました。その展示スペースに飾られていた、ブリティッシュ・グリーンのロータス102Dをご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。恥ずかしながら、この作品は私が作ったもので、搬入前のドタバタでリヤウイングが外れたり、紆余曲折がありつつも、なんとか展示できる状態に保てたのは幸いでした。

当日会場で展示した際、紹介プレートには次のように書きました。

--------------------------------
1/20スケール ロータス102D ミカ・ハッキネン(91年発表会カラー仕様)
ベース:タミヤ ITEM 20034 ロータスフォード102D(ハッキネン)

モデルについて:
 この車は、1991年のF1開幕前に公開された「発表会カラー」で仕上げました。F1グランプリ特集(ソニー・マガジンズ刊)にて、写真が掲載されていたと思います。
本来はロータス「102」に施すのが正しいのですが、同型のキットが無いため、92年の102Dをベースにしました。実車用塗料を使って仕上げています。デカールは102Bの物を使用し、ロータスのエンブレムは下地が透けてしまう為、3枚重ねで仕上げています。
--------------------------------

ちょっと補足したい所もありますので、数回に分けて本ブログにて紹介させていただきますデス。お楽しみに~。

し~らかば~

| コメント(0)

kobayashi.jpgあおぞ~ら・・・と続くわけではないのですが、こんばんは。ナポリです。先日トミーテックから発売されている情景コレクションシリーズ、ザ・樹木の白樺をふと買ってみました。緑モノが好きなので、ついつい買ってしまいます。

パッケージはこんな感じです。リアルさを追及したためか、少々私には組み立てづらかったです。しかし、完成すると雰囲気や良し。そして、ついつい↓このように並べてみたくなってしまうのでした。

地面も工夫すれば、立派にミニジオラマです!・・・少しぬるすぎでかねぇ?

ちなにミニカーは1/100スケールの京商製アルファ。コンビニでドリンクに付いていたものですね。フィギュアは、これまた定番のプライザーです。それではまた。

名古屋フェアのナポリ'sチョイス(3)

| コメント(0)

kobayashi.jpgナポリです。昨日掲載したプリメーラUKで、とど松センパイから教えてもらったのですが、このUK仕様は5ドアのハッチバックタイプで、イギリスで発売されたクルマを逆輸入して、日本国内でも4ドアセダンと共に販売されたそうです。そんな背景があったとは露知らず。


priUK.jpg


よくミニカーを見ると、確かに後部のトランク部分が、ガラスと一体のハッチバック式になっていました。「そうか、自分は4ドアセダンの方に乗っていたんだ」と、いまさら気づいたという恥ずかしいオチがついてしまいました。


さて、気を取り直して京商さんの1/64ビーズコレクションの新作でも眺めてみましょう。
ル・マンファンの方には待ち遠しいポルシェ911GT1が登場予定です。

ご覧の通り、試作モデルが公開されていました。左の2台はどちらとも'97年型に見えますが、'96年型もあるのでしょうか。気になりますね。ホワイト地にブルーとレッドのモービルカラーが独特なポルシェが、どういったクオリティで再現されるのか!そこに注目していきたい所です。そのほかビーズコレクションでは・・・

とか・・・

といった新作が多数出展されていました(写真が汚くてスミマセン)。いやはや、良い時代になったものです。この調子で1/64関連のジオラマパーツなどのアクセサリー類が登場すると面白いと思うんですけどね。

竜太丸・その7

| Category:

komatsu.jpgunosanU.JPG
メッキ調の処理は、綺麗な仕上がりで定評のある3Mの「スコッチカル」という商品を使ってみました。
以前、東急ハンズで買ってきたのですが、キッチンテープの方が使い慣れていたこともあって、これを使うのは今回が初めて。
キッチンテープや装飾テープも同じではありますが、1度貼って剥がすと皺が付く、接着剤が付くと痛むと、思ったよりデリケート。
しかし、鏡面の美しさはキットのメッキパーツ以上に綺麗なのはさすが。

画像を見ての通り、スコッチカルを貼ったフロント及びサイドバンパーと、キッチンテープを貼ったキャブのドア下やクォーターパネルの映り込みは全然違います。
ちなみに、バンパー上面のシマ板は東京デコトラカンパニーのもの。接着力が強く、曲面部分にもしっかり馴染んで扱い易いです。

unosanV.JPG
こちらはバスマーク。
キットのパーツは、正面から見た形状は良いのですが、横に回ると製品化する題材に対する理解度を暗に物語るような薄さ。純正品じゃないので、タミヤ1.2mmプラ板を貼って厚みを出し「バスマーク・アンドン」にしています。
少し大きめにカットしたプラ板を貼り、完全に固定されたら棒ヤスリでキットのパーツのモールドに沿って丁寧に削り込んでいけば出来ます。意外と難しくありません。
仕上げにはキッチンテープを巻いてしまうので、目の細かいペーパーでヤスリの跡を消す必要もありません。

 
ま、最初からアンドンの厚みになっていれば、この作業も省けるんですけど…。

つづく。  *文中敬称略

竜太丸・その1
竜太丸・その2
竜太丸・その3
竜太丸・その4
竜太丸・その5
竜太丸・その6

名古屋フェアのナポリ'sチョイス(2)

| コメント(0)

kobayashi.jpgこんばんは。ナポリです。最近は昼夜逆転+夏バテ気味。朝方のセミの鳴き声が目下の悩みです。実は、本日から京商横浜フェアが催されているのですが、こちらではのんびりと名古屋フェアを振り返っていきます。


会場をウロウロしていると、インターアライドさんのブースに気になるものが・・・。



おお、これはP10型プリメーラではありませんか! 過去にオニクスからBTCC仕様が出たり、トミカでも出ていたP10型ですが、ロードカー仕様の1/43スケールミニカーは、今回が初めてではないでしょうか?以前乗っていたクルマだったため、嬉しさのあまり何回もシャッターをきってしまいました(笑)



案内プレートを見ると、プリメーラUKと書かれていました。なぜUK仕様なんでかねぇ・・・気になります。このプリメーラは、インターアライドさんの新ブランド「Hi Story」から発売される予定です。素材はレジン製で、国内限定の少量生産モデルを手掛けるブランドとのこと。予価5000円とのことです。


「発売を心待ちにしています!」


※この文は8/10に誤って削除してしまったため、リライト版となります。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.