趣味の総合サイト ホビダス
 

2009年3月アーカイブ

HOスケールだって、どんとこい!!

kobayashi.jpg
※BUSCH製のメルセデスベンツ・シルバーアロー W196。1/87スケール。全長約4cmなり。


リコーR10で、今度はHOスケール(1/87スケール)のミニカーを撮ってみました。このスケールのミニカーのディテールも、なかなか侮れません。このW196も、全長わずか4cmとは思えないくらい、シャープなフォルムですよね~。


※侮りがたし、HOスケール!!

R10でスパークのディテールを楽しむ

kobayashi.jpg

上の2枚は、スパーク製1/43ポルシェカレラRSRのコクピットとシートベルトのバックル。いやはや、よれますな~。

デジカメ新調。よれる、よれるぞっ!!

kobayashi.jpgつい先日、リコーのコンパクトデジカメ、R10を手に入れました。1cmマクロ撮影が可能なので、モデルカー撮影に最適なカメラです。さっそく手持ちの1/43ミニカーを撮ってみました。


※近くによれる、よれるぞぉぉぉぉぉぉ!

今まで使っていたデジカメは、10年くらい前のサンヨーSX550という機種でした。高い動画性能、チョー速い起動時間ゆえに当時は名機とも呼ばれていましたが、このR10のポテンシャルを見てしまうと、さすがに御役御免といったところでしょうか。


※フォーカスの位置をリアウィング側に合わせたり……


※エンジン側に合わせたりするのも自由自在!!

正直なところ、ナポリはカメラの知識がほとんどありません。そんな私でも、カメラ側の画像モニターを見ながらフォーカスの位置を変えることで、カメラの位置を動かさずに上のような写真が撮れてしまうんです。

F1モデルの場合、リア周りだけでもタイヤ、サス、ウイング、ウイングのマウント、エンジン、ミッションケース、ディフューザーなど沢山の見所があります。それらを一つ一つ丁寧に説明したいときに、とても便利な機能といえるでしょう。


近々CX1というニューモデルが登場するためか、R10は比較的割安なプライスで販売されています。モデルカー撮影にお悩みの方は、ぜひ選択肢に加えてみてはいかがですか?

幻の155号表紙

kobayashi.jpg090303-ifMC155.jpg
※まるでジャングルを思わせる配色ですね

絶賛発売中のモデル・カーズ155号ですが、実は表紙案として、バーなどカウンターにモデルカーを置いて撮影するという案がありました。上がそのテスト画像。ナポリがパチ撮りして、ためしにロゴをのせたバージョンです。



結果的にはボツとなりましたが、こういった新しいことをトライすると、色々な発見があります。今後も機会を見つけては、新しいことにチャレンジしたいと思います。

ニュールンベルクのお土産―ノレブのカタログ

kobayashi.jpg
※昨年は副社長さんへのインタビューを敢行したノレブ

3月になりました。ここ数日間の曇り/雨つづきの天候のせいか、少々バテ気味です。とりあえずノレブのカタログをアップしてみました。あ、今回は注目のアイテム紹介は割愛します。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.