趣味の総合サイト ホビダス
 

« モデル・カーズ205号、セドリック特集に刮目せよ! | トップ | 残りわずか! 230セドリック・キットについての重要なお知らせ »

2013年5月29日

私が230セドリックのレジンキットをお薦めする三つの理由!

こんにちは、石ノ森です。
モデル・カーズの新刊、206号はただ今絶賛発売中!
特集はホビーショーやヘラフラ系カスタム、らしいですよ。

さて、こちらも絶賛発売中の本誌オリジナル・レジンキット、230セドリック・スタンダード。
230b.jpg

205号の巻頭特集などではあえて(と言うほど理由もないけど)触れなかった点、まあ何というか、このキットのセールスポイントについて述べておきましょう。
ご購入を検討中の方の参考になれば、と思います(直截に言うと、「買ってちょうだい!」)

①エッチングパーツがお得!
レジンキットならではと申しますか、エンブレムや鍵穴などはエッチングでの再現となっておりますが、これらは紛失や破損を考慮して、多めに付属しています。
童友社の2ドアGXを素組みで作る場合にも活用できますよ!

230e.JPG
※多めに収録されているパーツ......エンブレム、鍵穴、サイドマーカー(レンズ部)、テールレンズの飾りモール、テールレンズのリフレクター。エンブレムは1点ずつ余分があるので、キットを2個買うと1台分余計にパーツが揃う勘定になります。


②前期/中期/後期の作り分けが可能!
このクルマに少しでも興味のあるお方ならご存知と思いますが、230は初期の赤一色テールと、マイチェン後の赤/オレンジ/赤テールに分かれております。
さらに、赤一色テールにもリアガーニッシュ無し(最初の1年)と有り(一度目のマイチェン後)の二種類があるので、前期/中期/後期の3タイプがあるわけです。
このキットは、その作り分けも可能になっております。

230r.JPG
ガーニッシュのパーツを用意しただけでなく、テールレンズも2種類を用意。
「塗り分けだけじゃないの?」と思った貴方、パーツをよくご覧下さい。テールレンズには窪みが設けられていて、そこにリフレクターが付くのですが、マイチェンで真ん中がオレンジのターンシグナルに変わったのにあわせて、このリフレクター窪みの位置と形が変わっているのです。
それを再現するための2種類のパーツなんですよ。なかなかマニアックでげしょ?


③ペイント指示が細かい!
これはもう完全に手前味噌なのですが、説明書の塗装指示は私、石ノ森が付けました!
MFHさんから「塗装指示付けてください」といきなり言われて面食らいましたが、実車の風合いを再現できるよう、色々と細かく指示を書き込みました。
各種資料を参考にフロントグリルの配色やインテリアカラーなど、先述の前期/中期/後期の違いを把握し、説明書に反映しております。マイチェンでインテリアカラーが変更されている(同じブルーグレー系ながら、マイチェン後の方が色が明るい)点など、相当のマニアでないとご存知ないのではないかと思います。私も初めて知りました。スタンダードの純正ボディ色についてなど、他にもマニアックな指定を書きましたので、実車への興味も満たせるキットと自負しております!

230i.JPG
それにしても、実際にMr.カラーで調色のうえ混合比を決めたりするのは、初めてでしたがなかなか楽しい作業でもありました。

230f.jpg
せっかくなので205号での未使用カットをアップしてみようと思ったのですが、あんまり残ってませんでした。ヘッドライト周りのアップです。

というわけでご購入の方、お求めはこちらから!

また、ただ今プロモデラー・北澤志朗さんがこのキットをブログで制作中です。ご興味がお有りの方は、こちらもお読みくださると良いと思います!

北澤さんのブログはこちらです!

あっ、そうそう、これを言わなくっちゃ。 6月2日の「新宿おもちゃカーニバル」では弊社ブースにてこのキットの販売と作例の展示を行う予定らしいので、気になる方は会場でぜひご確認くださいね!

投稿者 モデルカーズ 秦 : 2013年5月29日 21:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/107190

コメント

「俺たちの闘い」のスタンダードは確かに前期型でしたね。あのシーンは後の「あの歌をもう一度」で八名信夫さんが乗る、ワインレッドのスタンダードの横転でリメイクされたのかも?
「ドクター宗方の証言」の個体、ご指摘の通りセドとグロの2個1の車体だったかと‥有りあわせのパーツで仕上げたのか、『西部』の330とかでも同様の車体があったと記憶しております。

投稿者 ひんしゅく小僧 : 2013年6月12日 01:37

いやー、はっはっは。結構、実車に長いこと触れてないと気がつかないことって、いっぱいあります。ディテールの造形や年式による違い……。230は特にそういう部分が強いクルマかもしれませんね。TLV1/43の230も、テールレンズのリフレクター位置の違い、再現するらしいですよ。
『ドクター宗方の証言』の白い230は、リア周りがグロリアでボンネットがセドリックではなかったかしら?
この場合、ベースがどっちなのか結構悩まされますね。
『大都会』では意外と前期型が出てくるのは少なかったような……。『西部警察』なら、『俺たちの闘い』……だったかな? のラストに出てくる3ナンバー(!)のスタンダードが前期型だったと思います。車体裏側がハッキリ映し出される、良い横転シーンでした(笑)。

投稿者 モデルカーズ 秦 Author Profile Page : 2013年6月11日 13:38

こだわりのパーツ選択、さすがオーナーならではですね(^o^)
ガーニッシュの有無ですが、カタログだとスタンダードはほぼフロントしか掲載されてないのでドラマの映像はかなり役立ちますね。前期の活躍と言えば『大都会Ⅲ』「ドクター宗方の証言」で登場するグロリアでしょうか。最後クロの1発で横転炎上する様はかなりお気に入りのシーンです。

投稿者 ひんしゅく小僧 : 2013年6月10日 23:29

いえいえ、何度でもコメントOKですよ〜!
レジンキットご購入有難う御座います。デカールはありませんから、経年劣化も少ないかと思いますので、何年ものあいだ眺めて暮らしても大丈夫と思います。エッチングはフニャフニャと曲がりやすいので、箱から外すときなどご注意ください!
『大都会パート3』での230スタント、やはりオープニングで使われていた白い犯人車がゴロゴロ土手を転げ落ちるカット(『殺人犯奪回要求』)と、白パトが横転するカット(『警官ギャング』)が記憶に残っています。
それ以外ですと、民家に突っ込む白い犯人(?)車(『狂犬』)ですね。今の目で見ると明らかに作り物の家ですが、子供の頃は「すげー、家一軒潰した!」とか思ったものです。
逆に今の目で見て驚いたのは、『黒岩軍団抹殺指令』での黒パトの横転シーンですね。よくあんな狭いところで横転できるなと……。

投稿者 モデルカーズ 秦 Author Profile Page : 2013年6月 3日 16:56

またコメントして、すいません。
第5回新宿おもちゃカーニバルに行って、レジンキット・230セドリックスタンダードを買いました。
最初は、購入するか迷いましたが思い切って、買ってしまいました。
作るかは、未定ですが多分、作らないで、そのままにすると思います。

ところで、大都会Ⅲで私が印象に残っている230型スタンダードのスタントですが黒パトスタントは、「野良猫の牙」のC80型トラックに押される2台の黒パトスタントですね。
白パトスタントは、「警官ギャング」で150型プレジデントとぶつけあいしている2台の白パトスタントですね。
犯人車では、230初の爆破スタントの「殺人犯奪回要求」ですね。
「反逆の殺し屋」のたくさんの230型スタンダードのスタントも印象に残っています。
石ノ森さんは、大都会Ⅲの230型スタンダードのスタントは、どの回が印象に残っていますか?

投稿者 だめおやじ : 2013年6月 3日 16:04

装甲車に踏まれてるのは2台とも前期型でしたね。白パトの爆破も、確かにご指摘通り。『シージャック強盗団』冒頭のパトカーも、爆発はしてなかったですね。前期型はグリルの細かい部分がグレーにペイントされているので、顔つきが少し彫りの深い印象なのも特徴です。まあこれも、パーツを交換してるクルマも多いので、これだけで一概に判断できないですが。また機会があったらコメントくださいね!

投稿者 モデルカーズ 秦 Author Profile Page : 2013年6月 2日 17:57

前期の230型スタンダードのスタントですが、私が一番印象に残っているのは、西部警察の「無防備都市 前編」の装甲車に踏まれる2台の白パトですね。
230型スタンダードのスタント車ですが、テールランプが見えないで、スタントされているのもあるので、何台かは、前期の230型スタンダードもあるんでしょうね。

これは、余談ですが大都会Ⅲの230型スタンダードの白パトスタントですが、意外と爆破スタントがないんですよね。
あと、大都会Ⅲで白パトの爆破スタントは、「帰ってきた黒岩軍団」のMS50後期型クラウンの白パトだけなんですよね。
大都会Ⅲの230型スタンダードの爆破スタントは、ほとんどが犯人車なんですよね。
230型スタンダード白パト爆破スタントは、西部警察が初なんですよね。
(大都会ⅢのDVDを全部見て調べました)

また230型関係があったら、コメントします。

投稿者 だめおやじ : 2013年6月 1日 18:49

だめおやじさん、こんにちは。
私自身の好みでは、赤テール/ガーニッシュ付きの中期型が好みですね。やはり初期のタイプは早めに潰されていたと思いますし、生産期間も長いですから、赤/オレンジ/赤テールのタイプの方が登場頻度は高かったでしょうね。フロントバンパーのターンシグナルがオレンジになった末期のタイプは、あまり好きではないです。セドリックなのにグロリアの部品を装着したクルマ、またその逆のクルマも、結構目につきましたね。寺尾聰に火炎放射器で焼かれた茶色い230は、グロリアのトランクリッドがついたセドリックだったかと思います。
うちの230レジンキットも含めてですが、『西部警察』関連のアイテム発売が重なって、なかなか大変そうではありますね。節約生活、頑張ってください!

投稿者 モデルカーズ 秦 Author Profile Page : 2013年5月31日 16:52

大都会Ⅲ、西部警察でスタントした230型スタンダードですがテールランプを見ると赤・オレンジ・赤のスタンダードのスタントが多いですね。
私が持っているアドバンの230型セドリック(セダン)のテールランプは、全部赤一色になっているのがちょっと残念ですが。
そのかわり、トランクリッドの部分は、前期・後期となっていますが。

あと、アドバンの130前期型セドリックも全部持っています。
セダンだけでなく、バンも全部持っています。
これ全部揃えるのは、本当に苦労しました。
もちろん、トミカリミテッドヴィンテージのセドリックも全部持っています。
西部警察シリーズももちろん持っています。
今度、出るスーパーZ、マシンRS1・2・3も買います。
去年は、大都会、西部警察、大空港のDVDで大出費しましたが今年は、トミカリミテッドヴィンテージで大出費しそうです。
今年も節約生活しそうです。(笑)

投稿者 だめおやじ : 2013年5月31日 13:25

コメントする

« モデル・カーズ205号、セドリック特集に刮目せよ! | トップ | 残りわずか! 230セドリック・キットについての重要なお知らせ »