趣味の総合サイト ホビダス
 

街道レーサー作品募集は11月25日締切

htwksz.jpg
街道レーサー・モデリングPART.7掲載作品 製作:HATTORI☆WORKS ※画像転載禁止

恒例の街道レーサー・モデリングの作品募集、締め切りまであと1カ月に迫りましたので改めてお知らせです。応募の締め切りは11月25日となっていますので、参加予定の皆様は是非がんばって仕上げて下さい。

応募要項は街道レーサー・モデリングPART.7の83ページの通り、ですが若干範囲拡大してますので、念のため以下でご確認下さい。

街道レーサー・モデリングPART.7発売

swnanafour.jpg
誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに
模型趣味に道交法は通じない でお馴染みの
「街道レーサー・モデリング」の最新刊がやって参りました。
PART.7は7月31日発売です。¥1,500(税込)です。
swnanafive.jpg
巻頭特集は4ドア・セダン&ハードトップ。セドグロ、ハコスカ、ケンメリなどを中心に、ボクシーなベースの魅力に迫ります。

第2特集はセリカでは、バンダイ1/20のダルマの作例をはじめ、今や貴重な絶版キットのパッケージも多数掲載しています。懐かしの自動車プラモのボックスアートがこれでもかと楽しめるのは、今や街道レーサー・モデリングだけです。

HATTORI☆WORKSの作品集では、このジャンルでも突出した技術とアイデアが光る傑作をご紹介。個人的にはクラウンモデル1/24改のフェローマックスにシビれました。トレッドパターンのあるタイヤを自作してしまうなんて、トーシローには最早ワケが分かりません。
もちろん、読者の皆様からお寄せ戴いた投稿作品も大盛況。夏休みのお供に、
有鉛レーサー・モデリングな皆様も是非お買い求め下さい。

トラックス・ブログ

モデル・カーズ196号、クーペ特集が美しすぎる!

| Category: | コメント(0)

こんにちは、石ノ森です。
少々間が空いてしまいましたが、新刊のお知らせです。

19601.jpg
昨日発売されたモデル・カーズ196号、表紙でお分かりの通り「美しいクーペ」の特集です。
と言っても、単にきれいなクーペを集めたというだけでは何の芸もありません。
「美しいクーペ」を題材に、美しい作品を作るためのテクニックを色んな角度から紹介してみよう、という趣旨になっております。

トップバッターは、おなじみ坂中さんによる初代シルビア。
19602.jpg
※写真:羽田 洋

ああ旧イマイのキットね、と思われた方も多いと思いますが、もちろんあれをベースにしているものの、あのキットを普通に組んでもこんなにカッコいいシルビアにはなりません。「美しく形を直すには?」というテーマで、坂中さん一流の大手術の様子をご覧に入れております。そのまま真似するのは超困難なクレージー・モデリングですが、色々参考になる部分もあると思いますよ。
19603.jpg

掲載の順序と少々違いますが、次にご紹介しておきたいのが、このリンカーン・コンチネンタル。
19604.jpg

こちらもお馴染み周東さんの作品ですが、実はモノグラムの元キットはカブリオレしか存在しないんですねー。周東さんお得意のヒートプレスで屋根を自作してるんです!

工法としては、以前のダイハツ・ビーと全く同じ。余談ですが、このコンチネンタルのクーペ化を色々検討している途中に、同じやり方でダイハツ・ビーが作れる! と思いついたのがあの作例(167号掲載)が生まれるきっかけだったそうです。

19606.jpg
こちらのカルマン・ギアはダッズ松本さん担当。
テーマは何かというと、スジボリ堂さん(BMCタガネでもお馴染みですね!)の小型バフを使ってボディを手軽に・綺麗に磨いてみようという使用レポート。読者プレゼントもご用意頂いたので、研ぎ出しに興味のある方はぜひともご覧下さい!

19607.jpg
鮮やかかつ深みのあるグリーンが魅力的なアルファ・ロメオGTVは北澤さんのフィニッシュ。完全に素組みですが、工作の基本に立ち返って、下地から塗装、部品の取り付けまで、どうすれば綺麗に仕上がるのかを、いつもより徹底して紹介して頂いています。
19608.jpg
※GTVのページのみ、本文のクレジットが抜けておりました。工作レポートだけでなく、本文も北澤志朗氏によるものです。お詫びして訂正させていただきます。

この調子で紹介しておりますと長くなってしまいますので、以下簡単にご紹介。今回の特集はこんな感じですー。
19609.jpg

19610.jpg

19611.jpg
※モデル・カーズ196号、◎お求めはコチラからも


さて、ちょっとした近況ですが......いやー、買っちゃいました。JO-HANの1960年型プリマス・フューリー2ドアHT!

19612.JPG
カッコイイなあ! このボディデザイン、たまらないよねー!

京都のFleetwood(フリートウッド)さんから、「ジャンク品」ということで購入したのですが、ジャンクと言ってもボディ表面が荒れているほか、カスタムパーツのいくつかとデカールが欠品しているだけですので、私としては全く無問題です。
ステーションワゴン/ポリスワゴンは割と見かけますが、この2ドアは結構レアですよね。特集でビュイック・リビエラを作っていただいた畔蒜さんも、これは所有されてないと仰ってました。

19613.JPG
シャシーなんかはワゴンと同じ部品みたいですが、このホイールなど、違っている部品もあるようです。ワゴンのパーツと違って彫りの深いホイールですね。キット構成を見ると、ワゴンと違ってエンジンは付いておらず、ボンネットは開きません。
もちろんストックで作るつもりですが、残念なのはトランク・リッドにスペアタイヤ風の飾り(オプションのフライトスウィープ・デッキリッド)が再現されてないこと。やはり'59、'60年のプリマスはこれがないと。自作するのも楽しみなわけですが、しばらくはプラモ作ってるヒマもなさそう......。

街道レーサー・モデリング7は7月31日発売

swnanafour.jpg

模型趣味に道交法は通じない
でお馴染みの
街道レーサー・モデリングPART.7」は7月31日発売予定です。¥1,500(税込)。
全国書店でご予約下さい。
swnanatwo.jpg swnanathree.jpg
今回は巻頭特集が4ドア・セダン&ハードトップ、
第2特集&絶版キットは歴代FRセリカ。
そして名工HATTORI☆WORKSがパート1以来の登場と、盛り沢山の内容となっています。
プラモ作る人も、買ってるけど眺めてばかりという人も、夏休みのお供に是非お買い求め下さい。

トラックス・ブログ

モデル・カーズ194号、1/32・1/35特集は見逃せない!

| Category: | コメント(0)

こんにちは、石ノ森です。
ちょっと発売から時間が空いてしまいましたが、新刊のお知らせです。

モデル・カーズ194号、巻頭特集は表紙でお分かりの通り1/32~35スケールを採り上げております。
1941.jpg

こんな超ディテールアップ作例のオート三輪(エンジンも載ってますよ!)から......
1942.jpg

1943.jpg

エアフィックスのDBR9とXKR GT3のような注目キットに......
1944.jpg

注目のウクライナの新興メーカーICMのミリタリー系カーモデル。より小さな1/35スケールながら凄まじいリアリティのオペル・アドミラルなど......
1945.jpg

これ以外にも様々なキットを採り上げております。
全部の作例に工作のレポートが掲載されている訳ではありませんが、見て楽しく、かつ役に立つ特集になったと思いますので、ぜひ手に取ってみてください。

もうひとつ、普段の本誌ではあまりやらないことですが、謎の女子大生・茉由子さんに登場して頂き、メタルックの貼り込みと油性ペンでの色指しだけで(要するに、プラモ用塗料で塗装をしない)のお手軽モデリングに挑戦してもらいました。
1946.jpg
たまにはこんな感じで気軽にプラモを作るのも楽しいです。

さて、200号に向けての「死ぬまでに作りたいクルマ・プラモ200台」アンケートに回答をお寄せいただいた皆様、有難う御座います。
回答として挙げられたキットとその理由には、なかなか想像もしなかったようなものがあり、面白い結果が浮かび上がりつつあります。
「まだ送ってないなあ」という方、ぜひ回答をお寄せください。

モデル・カーズ194号、◎お求めはコチラからも

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.