趣味の総合サイト ホビダス

『MFH刊 Can-Am 1970 PART-02』発売!

■JOE HONDA Sportscar Spectacles by HIRO No.11
「Can-Am 1970 PART-02」
featuring 
"Round6 : Road America / Round7 : Road Atlanta / Round8 : Donnybrooke
/Round9 :Laguna Seca / Round10 : Riverside"

今月発売、スポーツカーレースの歴史に特化した"Sportscar Spectacles by HIRO"の第11弾は、前号に引き続き、当時F1グランプリと同等の人気を集めていた"Can-Am(カンナム=カナディアン・アメリカン・チャレンジカップ)の1970年シーズンにフォーカス。PART-02の今号は第6戦から最終(第10)戦までの後半戦を特集し、シーズン半ば以降に登場したユニークなマシーンを中心に据えたマニアックな誌面展開となります。

ss11-small.jpg

続きを読む

『MFH刊 Can-Am 1970 PART-01』発売!

■JOE HONDA Sportscar Spectacles by HIRO No.10
「Can-Am 1970 PART-01」
featuring 
"Round2 : Mont-Tremblant / Round3 : Watkins Glen / Round5 : Mid-Ohio"

今月はスポーツカーレースの歴史に特化した"Sportscar Spectacles by HIRO"の第10弾を発売。テーマは当時の我が国ではF1グランプリに負けず劣らずの注目を集めていた"Can-Am(カンナム=カナディアン・アメリカン・チャレンジカップ)の1970年シーズン前半戦。Can-Amの王者と言えばパパイヤ・オレンジのマクラーレンを駆るブルース・マクラーレンと僚友デニス・ハルム。1970年シーズンもこの両名による席巻が予想されていましたが、ブルースはシーズン開幕前のマシーン・テスト中の事故で亡くなってしまいます。ボスを欠いたマクラーレンでしたが、ハルムに加えて旧友ダン・ガーニーと若手ピーター・ゲシンを投入、10戦中9勝を挙げて王座を完璧に守り抜いたのでした。

ss10-h14.jpg

続きを読む

『MFH刊 グランプリ 1971 PART-02』発売!

「Grand Prix 1971 PART-02」 グランプリ・シーンに特化した "Racing Pictorial Series by HIRO"の第46弾は、 前号に引き続き、タイレルとジャッキー・スチュワートに席巻された 1971年シーズンを振り返ります。今回のPART-02では、 タイレルに闘いを挑んだライバルの筆頭、フェラーリが巻頭です。

この年のフェラーリは新型312B2の信頼性が今ひとつで、エースのジャッキー・イクスも苦戦を強いられました。その戦績故なのか、あまり資料に恵まれない車輛でもある312B2のディテールを極力掲載いたしましたので、ヒストリック跳ね馬F1フリークの方は必見です! 312B2は一見312Bに似ていますが、特にリアの足廻り等は全くの別物ですので、是非御注目ください!

hiro46-h-1-4-a.jpg

続きを読む

プロフィール

山田 剛久(やまだ・たけひさ)

1962年型。クルマ模型・玩具マニア。元・ホビダス編集長。1989年、ネコ・パブリッシングのボスに拾ってもらってから約20年、同社・総務部~モデル・カーズ編集部~新ジャンル出版事業部~ホビダス編集部などを経て、2010年夏フリーに。生涯のアイドルは、ロニー・ピーターソンとデイブ・ディール、夢のクルマはJPSロータス72E(1975年式)と“ビル・トーマス”チータ(1962年式)。 編集仕事、原稿書き、翻訳仕事など、なんでもやります。コメントからお問い合わせくださいまし!

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最近のコメント

QRコード

携帯電話でもご覧いただけます。
http://toy.hobidas.com/
blog/yamada/m/

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.