趣味の総合サイト ホビダス
 

ヴィンテージ・スロットカー 最近のプロジェクト No.4

| コメント(3)

 ヴインテージ・スロット趣味生活、私的最近プロジェクトの第4弾は、アメリカのAuto Hobbies 製『Lister Jaguar』です。

 少し前にebayで見つけて入手したもので、ボディがAuto Hobbies製ですが、サイドワインダー・シャシーはスクラッチされています。ギア廻りのコンポーネンツはMPCがリリースしていたものらしく、シャフトが抜けないので、ギアの交換は不可能な作りとなっています。

Lister01.jpgLister02.jpg

 リスター・ジャガーと言えば、隻腕の名手、アーチー・スコット・ブラウンの活躍で有名ですが、個人的に入手したいと思った理由は、実車ヒストリーもさることながら、このスロットカーのボディがグラスファイバー製であることです。抑揚に富むプロポーションを巧みにとらえたこのボディ、敢えてディフォルメして抑揚を強調したその表現力は素晴らしいものだと思います。

 ボディ下半分がシルバーに塗装されていたり、コクピット廻りが適当に塗られていたりするのが些か残念なので、いつかやる気になったら直したいと思います。

 5月の連休に鵠沼の『ガレージハウス・クゲヌマ』さんでシリコン・タイヤを新調し、軽くグリスアップしてシェイクダウン。その後、町田でも少し走らせてみましたが、なんというか、ごく普通に走りました。ただ、非常にハイ・ギアードであるゆえにブレーキが全く効きません。しかしそもそも速くはないので、全く問題なしな感じ。のんびりタイプのリスター君でありました。

 ではまた!

コメント(3)

東高校時代のひとつ上の梅沢です。
お久しぶりです。
丸山弟からこのアドレスを教えて貰いました。
イロイロ面白い事をやってるみたいですね。
またジックリとチェックさせて頂きます。
私はどっちかと言うと実車を走らせるほうが好きです。今は147のMT車に乗ってます。

で、ちょっと業務連絡なんですが、今度久々にOB会報を作る事になって、皆さんの近況報告の原稿を募集してます。
忙しいとは思いますが、ちょっと書いてくれるとうれしいかなーと。
プロフィールに書いてある事+アルファで構いません。写真とかもあるとうれしいかと。
よろしくお願いします。

こんにちは。…ご無沙汰しております。

これ!い~ですね。
ラスキットより抑揚の効いたボディが素晴らしい。
タイヤサイズもバッチリ!…わたくしもラスキット手を着けたくなりました。(^o^)/

高野 慶人さんの名前を検索していてこのページを知りました。以前譲って頂いたRevellのCobra289ボディのレストア完了しました。http://blogs.yahoo.co.jp/skippy56jp/folder/337482.html 是非見てください。

コメントする

プロフィール

山田 剛久(やまだ・たけひさ)

1962年型。クルマ模型・玩具マニア。元・ホビダス編集長。1989年、ネコ・パブリッシングのボスに拾ってもらってから約20年、同社・総務部~モデル・カーズ編集部~新ジャンル出版事業部~ホビダス編集部などを経て、2010年夏フリーに。生涯のアイドルは、ロニー・ピーターソンとデイブ・ディール、夢のクルマはJPSロータス72E(1975年式)と“ビル・トーマス”チータ(1962年式)。 編集仕事、原稿書き、翻訳仕事など、なんでもやります。コメントからお問い合わせくださいまし!

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント

QRコード

携帯電話でもご覧いただけます。
http://toy.hobidas.com/
blog/yamada/m/

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.